「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

描写で語れ

先日、テレビのインタビューで松任谷由美さんが示唆に富んだ話をしていたので、その話題。

ユーミンは、恋の歌を作る際の取材(みんなから恋話お聞くことな)で、恋の現場のディテールを聞き込むと言っていた。何故なら、「私は歌の中で描写するんです」とのこと。そこで私は、はっと気づいたわけだ。

 実は、先日25歳になる長女が「何で、80年代や90年代のJ-POPってあんなにいい歌が多いんだろう」と言っていた。私も、最近の日本の歌って、ぴんとこないよな、年をとったせいだろうか、特にJーRAPなんて何がいいのかさっぱりだ、と感じていたのだが、このユーミンの「描写するんです」の一言で、一気にそのあたりの謎が解けた。

 これは以前、このブログの「描写と説明」でもふれた、シナリオ作法での「描写で語れ」ということにほかならない。
 小説で言うならば、「心象風景の描写」である。人物の心を通した情景の描写で、人物の心を語るわけだ。その時の気持ちによって、雨は「冷たく無慈悲」にもなれば、「優しく悲しみを癒してくれたり」もするわけだ。

 ひるがえって昨今の流行歌はどうだろうか、悲しいときには「悲しい」と、落ち込んだ友人には「がんばれよ」と、好きな相手には「愛している」と直接叫びまくっているわけだ。「叫び」という表現は、ここぞという時に使うからこそインパクトのある表現である。

 ユーミンは、分かれた恋人を回想する寂寥感と懐かしさを、「寂しい」と言葉にせず、そのかわりに、窓にかざしたグラス越しに「ソーダ水の中を貨物船が通る」と描写するのだ。
 中島みゆきは、悲しむ友人に、「おまえを守る!」と叫ぶかわりに、心の中で「君が涙の時には、僕はポプラの枝になる」と決意するのだ。

 小説を書こうと志す人は、このような表現に敏感になってほしい。


小説指南 | Cyta.jp

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編
[PR]
by hajime_kuri | 2014-09-15 14:48 | 小説指南 | Comments(0)