「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

作品の中に象徴を入れる

 今回は作劇におけるテクニックの一つとして、「象徴となるものを入れる」ということを説明しよう。
 最初に例に上げるのは、映画「リトル・ミス・サンシャイン」。これは、2006年のアメリカ映画で、第79回のアカデミー脚本賞を獲得している。

 大まかなプロットは、以下のようなもの。ニューメキシコに住む家族の物語である。末娘のオリーブが西海岸で開催される「リトルミスサンシャイン・コンテストへの出場資格を得る。大喜びの彼女を出場させてやりたい、しかし費用その他の問題があり。父さんの運転する車で行くしかない。それで、止むなく家族全員がワゴン車でカリフォルニアまで旅をすることになるのである。

 家族は一人ずつそれぞれ夢や悩み(ゲイである、とか空軍に入りたいとか)を抱えている。旅の途中はトラブルの連続だ。まず、彼らの乗る黄色いワゴン車が故障してギアがセカンドからしか入らなくなる。発進するためには、家族全員で車を押して、速度を上げてからギアをつないで飛び乗るしかない。古い車で部品が届くのを待っていてはコンテストは終わってしまうから、彼らはその車で旅を続けるのだ。
 旅の間に、家族の一人一人が自分の問題に直面して、それに打ちのめされることになる。そのたびに家族の(主に末娘オリーブの無邪気さ)優しさに癒されていく。旅の最後では、そのオリーブにピンチが訪れるが、家族が全員で彼女を守る。結果的に家族全員の夢はすべて破れるのだが、家族達は旅の前よりもお互いを理解し絆が深まっていることを知る、というお話だ。

 この作品の中では、「ギアの壊れた黄色いワゴン車」が、家族の象徴として機能していることに気づく。最初は文句を言って車を押していた家族達だが、ラストシーンで「さあ、家へ帰るぞ」と車を押すときには、息もぴったりのチームワークで車を押して飛び乗っていく。
 「みんなで力を合わせなければ、動くこともままならない車」の物語は、「みんなで力を合わせれば壊れた車で旅すら可能だ」という物語として幕を下ろすのだ。

 この「象徴」は、車のようなモノだけではない。次に例に上げるのは、最近の作品「永遠の0」。この作品では、主人公の祖父・宮部という戦闘機パイロットが「日本」という国家の象徴として描かれている。
 「臆病者、卑怯者」と言われた祖父・宮部の話を関係者に聞いて回る主人公が、やがてその真実の姿を知るという物語だ。このストーリーには、戦後の教育で作者の百田氏や同世代の私が習った太平洋戦争史観が、その後の読書体験などから、決して公平なものではなく、ある種のバイアスのかかった歪なモノではなかったのかと気づく過程が重ねられている。
 作者の百田氏は、この作品では「戦争」を描きつつ「戦後」を語っているのである。
 このような語り方を可能にするのも「象徴」である。

 「象徴」をうまく利用すると作品自体の印象が読者の心の中によく残るようになる。
 実はこのような手法は小説や映画にとどまらず、広報宣伝やマーケティングなどにも利用されている。元・広告マンの私が言うのだから間違いない。ただ、私の在職中には、そのような仕事には、縁がなかったけどね(苦笑)。

 みなさんも自分の作品の中で「象徴」となるモノを意識してみては。

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]
永遠の0 (講談社文庫)

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編


[PR]
by hajime_kuri | 2014-11-24 12:51 | 小説指南 | Comments(0)