「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

BLOGを活かす

 私は2004年からこの「読書記録゛(どくしょきろぐ)」というBLOGを続けている。
 昨今ではLINEやFaceBookなどのソーシャルメディアが主流で、BLOGを書かれている人は一頃より多くはない。ただ、作家修行をしている方にとっては、BLOGは文章力を維持するためによいツールである。今回は作家修行者にとってのBLOGの活用法を書いてみたい。

 小説と同様、BLOGも読まれてこそ意味がある。そのために、心がけていることを列挙する。

・コンテンツは自分の興味・仕事・日常に関することを中心に据えると続けやすい。
 私の場合、小説を書いたり読んだりする事が好きで、作品鑑賞に関しても一家言持っているので、「書評関係」。また勤務先だった広告会社でディレクター職などもやっていたので、「広告・マーケティング・WEB関係」を話題の中心に据えた。
 ネタがつきないようにする、と同時に専門性を持たせるわけである。

・身辺雑記はほどほどにする。
 少し考えればわかることだが、アイドルでも著名人でもない、市井の一私人の身辺雑記を読みたい人がいるだろうか?

・しっかりとした記事にする
 これは私のささやかなプライドかもしれないが、自分のBLOGの書評や論評に関しては、いい加減なものは書かないようにしている。すべての記事に自分の作品への広告リンクを入れている手前、恥ずかしいものは書けないのである。
 そのかわり、気を抜かずに書いた記事はそれ自体をtwitterやFaceBookで多くの方にシェアしてもらえることが多く、本のささやかな売り上げはそれが稼いでいるといっていい。
 また、過去の記事自体がアーカイブとしていつまでもアクセスを稼いでくれる。私のこの「読書記録゛」に関して言えば、今でも毎月一番アクセスをかせいでいる記事は、2005年に書いたジョージ秋山さんのマンガ「ザ・ムーン」を紹介した記事である。

・定期的に更新する
 定期的に更新して読み応えのある記事をアップすることで、固定読者を獲得することができる。その際、更新告知をtwitterやFaceBookで行うことを忘れてはいけない。

 力あるBLOGを運用することで、自分の作品のアピールも可能になってくる。また、記事のコメントを通してご指摘や意見もいただける。
 作家修行中の方こそ、BLOGを上手に運用してほしい。


小説指南 | Cyta.jp


(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2015-05-18 21:11 | 小説指南 | Comments(0)