「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

小説創作とものづくり

 私は派遣社員としての仕事も持っていて、ものづくりの代表である製造業に派遣されている。そこで気づいたことが、小説指南で教えているノウハウの数々が、私自身が「小説執筆」という業務のカイゼンで得たものだということ。
 カイゼンとは日本の製造現場で生まれた業務改善の活動・戦略のことで国際用語になっている。

 私も小説を書きながら、毎回、小説を書き上げていく「業務の流れ」を、着想を得る、発想を膨らます、プロット化、人物設定・造形、舞台設定、状況設定など、「細分化」し、その際の脳内作業を「可視化」し、簡単にできるように「標準化」してきた。
 それを、このレッスンで教授しているわけだ。

 ただ、派遣先で気づいたのは、製造業でのカイゼンでの業務標準化は、「必要にして十分」になっているということ。
 均質なクォリティーを維持するためには、一人だけ飛び抜けたものを発揮してはならず、また業務の流れも、特定の飛び抜けた才能に依存してはならないのだ。

 一方、この小説指南では、標準化した方法は、あくまで「必要最低限」である。あとは作家修行者がどんどん自分の能力を磨いていってかまわない。また、そうしなければ多くの読者を獲得する作品は生み出せない。

 小説創作と製造現場の唯一の違いは、「必要十分」と「必要最低限」の違いなのだ。
 この様な気づきがあるからこそ、仕事は辞められないと思うのだ。


小説指南 | Cyta.jp


(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2015-10-01 17:06 | 小説指南 | Comments(0)