「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「スターウォーズ・フォースの覚醒」は今後こうなる

 自分で小説を書いたりマンガを描いたり映画を作ったりするようになると、作品に張られた伏線だけで、今後こうなるだろうなという予想がついてくる。また否応なくそんな鑑賞のしかたをするようになる。今回は、「スターウォーズ・フォースの覚醒」でそれをやってみよう。

 スターウォーズのエピソード4から6は、ルークとベイダー(アナキン)の父と子の確執がドラマ部分で描かれた。そしてエピソード1から3はそのアナキンが大切な人を守るがために暗黒面に落ちるまでが描かれる。
 今回の「フォースの覚醒」から始まるシリーズは、カイロ・レンとハン・ソロの父と子の確執があり、この暗黒面で迷うレンが光の面に回帰するまでが描かれるであろう。
 レンは父ハン・ソロを殺すことで、同じく父を殺したルークと同じ力を得ようとしたのかもしれない。二人は師弟対立(これはアナキンとオビワンの関係に相当する)を最終的に解消するんだろうなと思うが、「父殺し」という闇を心に抱えることに「哲学的フレーバー」をまぶすであろう。

 一方、ヒロインのレイはエピソード4のルークとレイアを一人で体現したキャラだ。女の子というのが同時代性である。一見、フィンがルークっぽく感じられるが実は第一作ではせいぜいC3POに相当する役だ。彼が黒人であるのもそのためか。
 このあたり、マイノリティーに配慮してアジア系の役者使うし、メインのキャラに黒人も使っていますよ、でも白人女性と黒人男性のヒーローとヒロインはまだ時期尚早かな、というハリウッドのスタイルだ。この予想を裏切って来るならすごいと思うが。

 では、レイと結ばれる王子様が誰かというと、それは間違いなくカイロ・レンなのだ。最初の出会いのシーンでマスクをとって美貌をさらしている。この講師ブログでも語ったが、「美しい容貌と残虐な心」という「二律背反」は、悪役キャラ造形のまさに教科書どおりだ。レンとレイの、敵愾心と憎悪の関係が、恋に変わっていくところが「ドラマなのだよ」って脚本家の、「どんなもんだい」的な声が聞こえてきそう。

 またレンは光の側に帰ってくるのだが、母レイアは反乱軍の将軍だ。将軍という立場ではレンを許せば部下の不満は目に見えている。揺れるレイアのドラマがあり、それを知っているレンは最後の悪との戦いで命を捨てるって展開もあり。だが、ラストシーンで、フォースの目覚めたレイは、スピリチュアルな世界でレンやソロやルーク(当然ルークはシリーズの途中で死ぬと思う。三部作になるならエピソード8の終わりか、エピソード9の冒頭でしょう)達の魂が生きていることを知り悲しみから立ち直る、ってところでエンドかな。
 フィンは当初名前すらなく、子供の頃にさらわれて兵士として教育されたストームトルーパーという設定。まさに、子供の頃から敵への憎しみと殺人術を教育されたテロリストの少年兵を思わせる。フィンの役割は、この「少年兵」の人間性回復ドラマなのではないかとも思える。現在の国際社会で問題となっている「少年兵問題」、これもまた作品の同時代性であろう。

 いやあ、おもしろかった。ってすっかりシリーズ見てしまった感じだが、制作者達が、どれだけ私の予想を裏切ってくれるか楽しみです。
 この文では言及しなかったけど、レイがスカヴェンジャーを続けながら、指折り数えて待ち続けた誰かか何かにも何か伏線があるんだろうけど、これはエピソード8でわかってくるんだろうなあ。


小説指南 | Cyta.jp


スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
小説指南
[PR]
by hajime_kuri | 2016-03-04 16:03 | 小説指南 | Comments(0)