「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

青春ジェンダーアイデンティティ 高杉愁士朗 (著)

a0003784_19043830.jpg
性同一性障害の妹にハラハラする兄貴のお話。
軽妙な語りでライトノベル風なスタイルだけど、恋をするだけでも大変な彼女と彼らの気持ちが見事に描かれている。
でも、自分より魅力的な相手が現れたら、彼女は私から離れていってしまわないか?って不安感は、誰にでも共通の気持ちだよ。
モテね少年だった俺の気持ちの延長線上にLGBT(性同一性障害)の人らの気持ちもあるのだろう。そしてそれは、ずっと大変だろうけど、この兄貴の気持ちを読んでみんな理解できることだよなと思えた。
この兄貴の優しさは不器用だけど何気にかっこいいぜ。
ラノベ風のラブコメディだけどこれは立派に文学してる。「すばる」とかに載ってても不思議じゃない作品だった。

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
小説指南・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2017-08-15 19:04 | 青春 | Comments(0)