「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

絶対に負けない最強麻雀戦術~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~


麻雀は昔から小説やマンガのモチーフとしてよく使われてきた。
小説でいえば阿佐田 哲也の「麻雀放浪記」、マンガなら北野英明の「雀狂哀歌」がその嚆矢であろうか。
いずれも麻雀の対戦の場での心理戦や勝敗の綾を登場人物の人生のメタファーとして描き、深い感動を呼んだ。
そんなことを考えたのは、柄にもなく麻雀の戦術書「絶対に負けない最強麻雀戦術~進化を遂げた新デジタル戦術指南書~」を読んだからである。
「新デジタル戦術」ってところに興味をもって手に取ったのだが、ネットでのオンライン麻雀と街中のフリー麻雀を取り上げている。
かくいう私も昭和50年代に学生だったので、麻雀は嫌いではないし当時は下手ながら卓を囲んだこともある。最近はもっぱらゲームマシンで遊ぶ程度だ。
この書では、そんなへぼプレーヤー(俺)にとって目から鱗が落ちるようなワードが頻出し、豊富な写真で説明されている。
「勝つということは、負けないことだ」
「全ての局面で勝てないと仮定する」
「強い麻雀ではなく、巧い麻雀を目指せ」
「最初の6巡目に重要な牌を一点読み切り、捨ててしまう」
「水面ぎりぎりで、トップを追いかけていく」
かつての麻雀小説やマンガでの戦いが、相手を叩きのめすような熱い戦いのドラマであるならば、この本に書かれた戦術は、最後まで点棒を減らさない、気づいたら、必ず一位か二位になっている戦術書だ。
なんともクールな戦法で、このクールさこそが現代的だ。小説作品として描くなら、これこそが今現在の「同時代性」だと思った。
麻雀に限らず、「ゲーム」を人生のメタファとして描く小説や映画は傑作が多い。そんな作品、考えてみようかなって気持ちまでわいてきた本である。


薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
小説指南・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2017-04-27 09:27 | ホビー | Comments(0)