「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「闘いの構図(上・下)」(青山光二)新潮文庫 昭和59年

a0003784_23912.jpg みなさんは鶴見騒擾事件をご存じだろうか、歴史の教科書には出てこない。私もこの作品を読むまでは知らなかった。
 大正14年12月21日、東電東京火力発電所の工事請負をめぐるトラブルから、二つに分かれたとび職や土木作業員たちが組織的に興した闘いである。いわば喧嘩なのだが、その規模はもう戦争だった。
 双方合わせて2000人超、ツルハシ・スコップは言うに及ばず、竹槍、拳銃、猟銃、カービン銃、ダイナマイトなどで戦ったのだ。午後に始まった闘いは、深夜にまで続き、市民を巻き込んだ暗夜の市街戦になったという。




 鎮圧側は警官隊1000人、憲兵隊50人、騎馬憲兵20騎、特別警官隊(通称新撰組)50人。特別警官隊は全員が拳銃を携行していた。ちなみに、銃器を携行した警官隊の部隊出動は、この時が史上初である。
 稼業人も渡世人も博徒もあまり明確な線引きができない近代以前の土木業界が近代の企業になるために通り過ぎねばならなかった蹉跌なのであろうか。なんともすさまじい話である。作者がこの作品の制作にかけた年数が20年。これまたすごい。
 「構図」と銘打たれただけあり、この闘いに費やされた金額などが、死傷した人足の家族に支払うお金まで含めて準備計上されるなど、綿密に書かれている。喧嘩をプロジェクトとしてみると、プロジェクトとリーダー像などにも思いを馳せてしまうドキュメントノベルだ。
 現在、書店で手に出来るかどうかは不明だが、見つけたら即購入をお勧めする。ただし、まちがっても平日の夜に読み始めるのはやめよう。翌日の仕事に支障をきたすからだ。一度読み始めたら、もう眠れないからだ。
 昭和55年度の第8回平林たい子文学賞を受賞している。
闘いの構図〈上〉

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-02-20 23:10 | ドキュメント | Comments(0)