「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

俺の闘病記 1

a0003784_9190.jpg俺は、糖尿病だ。
もともと学生時代は少林寺拳法部で毎日運動していたから、食事はたくさん食べる方。
で、社会人になって、運動やスポーツから縁遠くなって次第に太りはじめる。
やがて内臓に脂肪が蓄積され、肝臓や膵臓が弱る。
肝臓が弱ったのを自覚したのは、てきめんに酒に弱くなっていったこと。
膵臓はインスリンの効きが悪くなっていったことである。
という経過で、俺は「立派な糖尿病」になってしまったのだった。
糖尿病が深刻になったのは、突然やせはじめたことだ。
栄養の代謝がめちゃめちゃになっていく。
おまけにケトーシス状態が続いていて、ウツ病にまでなってしまい、それでも勤務をするため、パキシルという抗うつ剤を処方してもらっていた。
手足の先は痺れてくる。末梢神経が破壊されていくのだ。
二年前に、このままでは「死んでしまうぞ、俺」と思い立って、2週間ほど教育入院したのである。
退院から1年間、インスリンを注射する生活が続いた。
俗に、「いったんインスリンを注射したら、もう一生注射とは縁が切れない」と言われるが、あれは嘘だった。
むしろ、「インスリンで一刻も早く血糖値を正常域に下げる」ことの方が重要である。
それと運動。
現在、俺は、インスリンの注射はしていない。薬と、少しの食事制限と、運動でなんとか血糖値を正常に維持している。
「大変ですね」と言われるが、実はそんなに大変ではない。
退院以来、毎晩、近所の公園でストレッチ、基本突き蹴りなどを一人練習している。本当は、社会人になってから毎日でもやりたかったのだが、世間体を気にしてやっていなかった。親や妻が、「いい歳をして」というような雑音を発するし(笑)。
でも今は違う。なんといっても「俺、糖尿ですから」という大義名分があるから。
家族公認で、腹筋台やダンベルも買えました。エアロバイクも買いました。週末の運動用にという名目で、欲しかったマウンテンバイクもゲット!
おかげで、入院時にくらべて今は体重9キロ減、Tシャツの似合う体型になった。
夜のトレーニングの成果も上がり、旋風脚とかの跳躍技も出来るようになった(だからどうしたと言われても困るけど、できなかった技が出来るようになるのは嬉しいじゃないですか)
国民の10人に1人が糖尿病予備軍と言われている。糖尿病は怖いと思われているが、かならずしもそればかりではない。
今では、人から「楽しんでますね、闘病を」と言われるほどだ。
ということで、俺が経験した、糖尿病とのつきあい方をしばらく書いて言ってみよう。
カテゴリーはズバリ「糖尿病」である。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
小説指南
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-22 09:20 | 糖尿病 | Comments(0)