「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「マフィアへの挑戦(1~20)」(ドン・ペンドルトン)訳 池 央耿・高見 浩 創元推理文庫

a0003784_23752.jpg表紙画像はない。すまん。かわりに主人公の銃ね。

 ベトナムで狙撃兵としてマークスマン勲章を与えられたほどの活躍をしたマック・ボランが故郷に帰ると、家族はマフィアに殺され、妹は辱められていた。ボランはマフィアに潜入し組織を壊滅させる。だがそれは、マフィアとの闘いのほんの第一歩にすぎなかったのだ。




 いわゆる「死刑執行人シリーズ」である。いや面白いのなんのって、あの大藪春彦が、まるで俺が書いているみたい、といって夢中になったというほどのアクション小説である。俺は当時高校生。
 銃のリアルな描写、セクシーな女達、流血のバイオレンス、思い出すだけで血がたぎるぜ。ただし、小説として面白いのは下記に上げた20冊。これは本人が書いてます。
 その後、ハーレクインから出てたのは無名の新人たちが延々と書き続けた「マック・ボラン」シリーズで、コミックなんかにもなったようですが、そのころにはすっかり熱が冷めてました(笑)。
 とはいえ、本人が書いた20冊は、アクション小説として白眉です。当時、主人公が(9巻から)使っていた44オートマグ(写真)は各モデルガンメーカーがこぞって売り出したものです。私は、MGCのブローバックモデルが欲しくて仕方なかった記憶有り。
 ちょうどあのころ、レモシリーズとかアクション小説のシリーズが創元推理文庫から立て続けにリリースされていましたね。特に「4巻 裏切りのコート・ダジュール」は個人的には一番の傑作だと思う。セクシーさも一番です。
 創元社からまだ出てるようなら未読の人は即買いですな。映画よりもマンガよりも楽しめる。未読の人がうらやましいよ。

『マフィアへの挑戦1/戦士起つ』
『マフィアへの挑戦2/抹殺部隊』
『マフィアへの挑戦3/仮面の復讐者』
『マフィアへの挑戦4/裏切りのコート・ダジュール』
『マフィアへの挑戦5/サドの末裔』
『マフィアへの挑戦6/三人の女』
『マフィアへの挑戦7/フォクシー・レディ』
『マフィアへの挑戦8/死を呼ぶカジノ』
『マフィアへの挑戦9/カリブの回転木馬』
『マフィアへの挑戦10/逆説の街』
『マフィアへの挑戦11/バレンチナ我が愛』
『マフィアへの挑戦12/黒い瞳のクラウディア』
『マフィアへの挑戦13/抹殺部隊ふたたび』
『マフィアへの挑戦14/フィラデルフィア・パニック』
『マフィアへの挑戦15/月曜日:還ってきた戦士』
『マフィアへの挑戦16/火曜日:憂い顔の騎士』
『マフィアへの挑戦17/水曜日:謀略のシナリオ』
『マフィアへの挑戦18/木曜日:悪魔の要塞島』
『マフィアへの挑戦19/金曜日:禿鷹の饗宴』
『マフィアへの挑戦20/土曜日:戦士よ永遠に』
↓アマゾンへGO!
マフィアへの挑戦 (2)創元推理文庫 (158‐2)

ストーニー・マン・ドクトリン―これがスーパー・ヒーローの全貌だ (Gold eagle books―マックボラン)
No7 44オートマグ (18歳以上エアーハンドガン)

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-02-23 23:08 | ミステリ | Comments(0)