「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「春の道標」(黒井千次)新潮文庫

a0003784_233011.jpg 恋愛もの、とか初恋ものといわれる小説には、極めて冷笑的な態度を取るひねくれ者の私が、さめざめと涙してしまった小説である。17歳の明史(あけし)と、通学路で出会った髪の長い美少女15歳の棗(なつめ)の1年間の出会いと別れを描いている。舞台は戦後すぐ、でもそんなことは関係ない、この物語には誰もが通過した「ささやかな初恋」と通じる普遍性があるからだ。
 中学生の棗は春から明史の高校に通うことになっている。

 「お友達になってくれる?」
 「お友達?」
 「さよならはできないもの…私たち」
 「毎日会って、同じ学校に通って、お互いに好きで、そして丘には行けないで…お友達?」
 「地獄だよ、そんなの」
 「なれると思う…」
 「……」

 ここで俺は泣いてしまった。




 丘とは、二人がそっと抱きしめ会った場所である。
 これは、少年の、控えめな、ささやかな恋が、静かに終わりを迎える瞬間である。
 最後のページを閉じたとき当時27歳だった俺は、17歳の時の心に戻り、流れる涙を止めることが出来なかった。作中の明史さえ涙を流していないのに。
 実はそのとき、出勤前の朝方で、意外に早く目が覚めてしまった私は、高校教師の父の机上にあったこの本を手に取り、寝床の中で読んでいたのである。その深い感動を、少しでも長く噛みしめていたかったので、その日は仮病で会社を休んでしまいました(告白)。
 この作品は、1981年度の読書感想文コンクールの課題図書になっているので、読んでいる人も多いかもしれない。それにしても俺のような読書ずれした野郎を泣かすとは、課題図書も侮れないではないか。
 未読の方は、騙されたと思って読んでくれ。
春の道標新潮文庫←アマゾンへGO!
黄金の樹

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
Commented by Erika_Akane at 2004-02-26 00:20
会社休んでしまうほどの感動って、素敵です。
Commented by hajime_kuri at 2004-02-26 23:11
少年の心が、本当にビビッドに描写されています。
それにすごく清潔な物語ですよ。
初恋って残酷で、だから尊いって気がしました。
Commented by oldnavy2000 at 2005-01-29 19:27
高校か、中学の国語の授業でやったので、覚えています。
いい話でした。舞台が東京の多摩地区で、ぼくの住んでいるところと同じだったので、余計に親しみを感じました。
Commented by hajime_kuri at 2005-01-29 21:46
作品の舞台に住んでいるというのは強いですね。
私も旅行などに行くときは、その旅先を舞台にした小説を読むとかしてますが、やはり現地での感慨はひとしおです。
>授業でやった
女の子には、わからないかもしれないなあ、この感覚と思ってみたり。
Commented by kirai at 2006-03-15 01:40 x
大学入試問題になってました。僕も大好きな小説です。黒井千次はいま読売新聞にエッセーを書いてますね
Commented by yukko at 2008-07-09 15:32 x
あまり知られていませんが「黄金の樹」(1989年、新潮社)という「春の道標」の続編があります。こちらもお薦めです。
Commented by マラドーナ at 2016-01-03 20:52 x
その後の明史と棗についての参考文献
黒井千次 「美しき繭」に収録の「信州への旅」、「武蔵野は生きている」

「丘」に行きたい時の参考資料
著者不明 「多摩文学紀行」に収録の”失われた「春の道標」を探して”
Commented by maamfighter at 2016-01-21 22:21
いいですね。再読して戦後すぐの話だと知って驚きました
Commented by マラドーナ at 2016-01-29 17:26 x
昭和25年前後の住宅地図があれば、明史と棗の家の位置関係も分かるかもしれません。
Commented by マラドーナ at 2016-01-31 18:54 x
参考文献「考える読書」毎日新聞社1982/3月
この作品の読書感想文コンクール入賞作品掲載。
その後の二人の関係について言及した感想文は1つか2つしかなかった。当方そればっかり考えて、毎月「新潮」発刊日の新聞広告に続篇が掲載されていないか注目した。結局5年間待つことになった。
Commented by hajime_kuri at 2016-01-31 20:10
ありがとうございます。
私はこの作品の印象が強くて、逆にこのあとの二人の成り行きは知りたくない気持ちです。
この思春期のはかない気持ちのまま永遠に未完のまま終わらせたいってところかなあ。
Commented by マラドーナ at 2016-03-19 19:33 x
「春の道標」の頃の国分寺から府中にかけての航空写真は「国分寺の今昔(1947米軍撮影)」の裏表紙裏の見開きで見れる。国分寺本多図書館所蔵。棗の家と思われる公営住宅らしき建物群が「朝の小道」の南側に見える。
明史の家の場所は分からないが、刑務所の南側にまとまっている官舎群ではなく、官舎群よりは少し南側の街道沿いと思われる。「明史の家から棗の公営住宅まで畑の中を通る道もある」と記述があるが、それらしき道が写真から見れる。
明史宅は現在の府中第一中の街道を挟んだ対面かそれより少し南側ではないかと思われる。府中市立図書館には1957年撮影の航空写真が所蔵されていて、もっと詳しく見ることができるが、建物が増えており今ひとつの感がある。府中市立図書館には1957年のものと同じ縮尺の1947年の航空写真も追加所蔵してほしい。
現在の武蔵野線は、当時は下河原線(小説の「引込線」)だったが、定時の営業運転開始が1949年11月だったとのこと。明史は通学手段をバスから替えて、北府中駅から下河原線に乗って通学できたはずだが、棗のことでそんなことは考えもしなかったのでしょうね。
「朝の小道」:現在の美術館通り(府中市幸町1丁目付近)。国分寺街道から眺めると、30年前は道幅も狭く前方に農工大の馬場の白い柵が見えて、小説の面影が感じられたが、今は道幅も広がり、馬場も生垣の隙間から覗かないと見れない。
現在は国分寺街道と十字路の交差点になっているが、往時は街道を挟んで東側西側両方T字路となっていた。
「丘」:国分寺市西元町4丁目の黒鐘公園か国分寺市西元町武蔵野線西側横付近。棗の「あの濃いブルーは~」の眺めは府中市内の建物が邪魔をして場所を選ばないと見えにくい。往時の高い建物は東芝府中工場くらいだったのであろう。
現在国分寺駅西側の線路の北側の土手は、30年前は歩けたが、今はマンション群が建ってしまい歩けなくなってしまった。初めて「丘」に行った時、国分寺駅から二人が腕を組んで歩いた所だ。
Commented by hajime_kuri at 2016-03-20 05:35
写真による聖地巡礼ですね。ありがとうございます。
by hajime_kuri | 2004-02-25 23:31 | 青春 | Comments(13)