「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

カテゴリ:ホビー( 6 )

私はワープロ専用機の時代からのキーボーダーである。手書きの文字が下手というのもその理由なのだが、文章はキーボードで打つ方なのだ。
コラムや書評や下手な小説などを思いついたときにパチパチと打ちたくて、携帯用の文章打ち機を今まで色々試した。
a0003784_22333625.jpg
一番気にいっていたのは、NECのモバイルギア2MC-R520(WindowsCE)で、これは90年代から世紀を越えて昨年まで使い続けてきた。ところが、ついにこれが壊れてしまったのだ。
昨年は、こいつの後継機を探して模索が続いた。
最初に購入したのが、ASUSの初代Eee-PC。悪くはなかった。むしろモバイルギアにすごく近い。ただ、WindowsXPを立ち上げるのが面倒なのだった。


a0003784_2237364.jpg
次に購入したのが、Willcom03(WindowsMobile6)で、これにUSBのキーボードを接続してテキストを打ったのだが、今一つだった。
そして最後が、このPOMERAだったのだ。ついにこれで私の遍歴は終わった。
POMERAの良いところは、とにかく起動が速いこと。スイッチ入れると即起動ですよ。そのかわり、できることは原稿用紙にして20枚程度の文章を打って保存するだけ。ファイル形式は「.txt」だけ。でも、この割り切り具合が個人的には正解だ。勤務先にはノートPCがあるし、自宅にはデスクトップがあるから、出先ではテキストで打っておいて、PCで加工すればいいわけだ。
もう私は、PCと似たようなものと考えず、テキストファイルを加工できるモノクロモニターと折りたたみキーボードのついたUSBメモリーだと考えている。

その割には折りたたみキーボードがとんでもなく使いやすい。あのキーボードに定評のあるモバイルギアを使っていた私が満足できるキーボードなのだ。しかも、日本語入力はATOK。これは、モニターとキーボードとメモリーが付いたATOKとも考えられるわけで、当然ここまで考えると買って悔いなしだ。
この文章も、いつもの喫茶店で、当のPOMERAでパチパチと打ち上げた次第である。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト
[PR]
by hajime_kuri | 2009-06-30 22:40 | ホビー | Comments(1)

icon
icon
かつてアーケードで散々お世話になったゲームである。というか、何万円もコインをつぎ込んだ俺は、アーケードでさんざん「ナムコをお世話した」と言っても過言ではないだろう。95年ぐらいから岐阜の岐南町のドライブインにある筐体に、勤務先からの帰りに毎日バトルを挑んだものである。

More つづきを読む
[PR]
by hajime_kuri | 2007-09-19 14:44 | ホビー | Comments(4)



icon
icon
ディテールを作りこまれたフィギュアも魅力だが、やはり関節を動かしていろいろなポーズが取れるというフィギュアも楽しいものである。↓
アクションヒーローシリーズ ウルトラマン

ソフビの怪獣と組み合わせて対峙させたりしてなかなかイマジネーションを刺激してくれる。
昭和33年生まれの私には、もうウルトラシリーズは「Q」から「セブン」までの初期3シリーズである。夢中になった。

More つづきを読む
[PR]
by hajime_kuri | 2007-09-18 23:18 | ホビー | Comments(0)
ここんとこ、ゲーム関係のサイトに入り浸っているなあ、俺。
PSPのソフトだけど、これはやばいよ。買っちゃうよ。
1年戦争から始められるんですなこれ・・・。
↓公式サイト(※ムービー豊富)
ガンダム バトル クロニクル

More つづきを読む
[PR]
by hajime_kuri | 2007-09-18 10:39 | ホビー | Comments(0)


仕事の関係でこの本を読んだのが今年の4月。
既に鉄不足で、ダイソーの店頭からは、このかわいらしい鋳鉄のフライパンは姿を消して入荷の予定も立っていなかった。ところが、昨日、近所のダイソーで売っていたのだ。大量に・・・。入荷したのだろう。
大慌てで二つ買った。
探していて、入手を諦めていた人は、まず手近なダイソーへ行ってみよう。
ジュワッと!100スキCOOKING―100円ショップの小さな鉄のフライパン (別冊すてきな奥さん)
[PR]
by hajime_kuri | 2007-09-05 10:15 | ホビー | Comments(0)

ランブルローズ(コナミ)

すげえよ、これ。
もうILLUSIONのエロゲーやってる場合じゃないですな。

「揺れ演算のデモ動画らしい」


「揺れ」に関しては、テクモの「デッド・オア・アライブ」から始まったと言っていいが、当時は胸だけ。コアなユーザーからは「乳の揺れだけにマシンのリソースを食わせ」ていると馬鹿にされたりしていたが、買っちまいましたよ、それだけで。
今でも時々愛機(PC上のエミュですが)の上で、プルンプルンと揺れてます。
その後、ILLUSIONの3Dエロゲー(ま、こちらは乳首とかディテールに走っているんですが)などで、「揺れ」は頂点かと思ったんだが、今回は二ヶ所ですか。
いや、色っぺー。
また、従来の「揺れもの」(たった今命名)と違い、キャラのビジュアルが完全にリアル系なのが俺的にはポイント高し。
「父さんこっそりプレイ」用に、買うか、PS2。映像データの変換アダプターでPCのディスプレイに接続してPCとはモニター切り替え機(もう持ってる)で切り替え。
本体は、外付けデバイスに見せかけるか。PCのベイに搭載できるとスマートなんだがなあ。
[PR]
by hajime_kuri | 2004-09-11 16:30 | ホビー | Comments(1)