「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

カテゴリ:ドキュメント( 2 )



1765年11月、水の都ヴェネツィアで評判の高い医師が謎の死をとげた。この医師の子孫の多くが、同じような病で命を落としていく。呪い、疫病、脳炎、性病、奇病と、さまざまなレッテルを貼られながら・・・共通しているのは死の数ヶ月前から眠れなくなること。
数世紀を経て20世紀も終わりかけた頃、この致死性不眠症の原因が、羊たちに流行した震え病であるスクレイピー、パプアニューギニアの部族を襲ったクールー病、そして世界を震撼させた狂牛病と同じく、殺人タンパク、プリオンとわかったが、治療の目処はつかない。
そうこうするうちに、アメリカの野生の鹿に似た病気が蔓延、新型クロイツフェルト・ヤコブ病の拡大が噂される中、殺人タンパクの起源を辿るうちに、80万年前の人類の「食人習慣」の事実にたどりつく・・・「事実は小説よりも奇なり」を地でゆく、驚きのストーリーである。
このプリオン病、タンパク質の遺伝子の折りたたみ方が変わるだけで発現する。散発的に発生し、同時に遺伝する。そして、食物連鎖で感染もするというやっかいなもの。
人間にとって「食人」がタブーになったのは、このプリオン病のせいかもしれない、などとも思える、色々な示唆に富んだドキュメントである。
あまりのおもしろさに、仕事の待機中に一気に読んじゃいましたよ。
眠れない一族―食人の痕跡と殺人タンパクの謎

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
小説指南
[PR]
by hajime_kuri | 2012-01-14 21:36 | ドキュメント | Comments(1)
a0003784_23912.jpg みなさんは鶴見騒擾事件をご存じだろうか、歴史の教科書には出てこない。私もこの作品を読むまでは知らなかった。
 大正14年12月21日、東電東京火力発電所の工事請負をめぐるトラブルから、二つに分かれたとび職や土木作業員たちが組織的に興した闘いである。いわば喧嘩なのだが、その規模はもう戦争だった。
 双方合わせて2000人超、ツルハシ・スコップは言うに及ばず、竹槍、拳銃、猟銃、カービン銃、ダイナマイトなどで戦ったのだ。午後に始まった闘いは、深夜にまで続き、市民を巻き込んだ暗夜の市街戦になったという。

More つづきを読む
[PR]
by hajime_kuri | 2004-02-20 23:10 | ドキュメント | Comments(0)