「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

カテゴリ:WEB( 31 )

いよいよ暖かくなってきてこれから夏場に向かっていく季節になった。
これからの季節に手触り肌触りのいいものというと「畳」である。
そこでおすすめしたいのが畳屋さんが作ったいぐさのスマフォケースである。
↓ これ
a0003784_17243012.jpg


三重県桑名市の伊藤たたみ店の商品。
詳細はサイトへ。
伊藤たたみ店
円座なども売っていて、これはフローリングの床に置いて座ると夏は気持ちいいだろうなあ。
↓ 円座
a0003784_17304285.jpg



(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
小説指南
[PR]
by hajime_kuri | 2016-04-24 17:31 | WEB | Comments(0)

新日本DEEP案内

主にレトロネタ、廃墟ネタ、トワイライトゾーンの情報収集のためによるサイトである。
私の地元名古屋にしても、駅西ドヤ街の痕跡を訪ねたりといった具合。
まさに根っからの名古屋人しか知らない「深名古屋(DEEP NAGOYA)」を見出す嗅覚はさすが。
面白いよ。

新日本DEEP案内

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
小説指南
[PR]
by hajime_kuri | 2016-04-03 12:02 | WEB | Comments(0)
(広告)電子書籍既刊案内フリーペーパー「北極大陸」好評無料配信中!連載は伝奇SF小説「不死の宴」(栗林元)、ヴァイオレンス文学「凌聖愚遊」(弾射音)、3DCG「宇宙キッド」。

北極大陸配布所

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏

a0003784_731416.jpg

[PR]
by hajime_kuri | 2015-09-06 07:31 | WEB | Comments(0)

ブラックSEO

Googleサジェストで誹謗中傷ができることをご存じだろうか。具体的には、Googleの検索に「栗林」と入力すると、勝手に「ハゲ」とか、「貧乏」とか表示されるようなことで、これはブラックなSEO手法として可能である。
韓国のサムスンとLGがこれらの風評合戦で不毛な戦いをしていたという話も聞いたことがあった。
昨年のことなのだが、Facebookの書き込みで、このGoogleサジェストのスクリーンショットが投稿されていた。
検索窓には「安倍晋三」と入力されていてサジェストには、「ヒトラー」とか「軍国主義」とかに類する単語が表示されている。
内容的には、「ネットでウソはつけない、国民は見抜いている」とさも大発見であるかのように書かれていた。
見ると、マスコミでも多少顔を知られた理系の学者さんだ。このままでは、この人が恥をかくと思ったので、コメント欄でご指摘した。

ブラックSEO手法で、サジェストにネガティブなワードを表示して競合企業の評判を落とすということが社会問題にもなっています。そんな時代に、このような書き込みをすると、反安倍政権勢力はサイバーテロまがいだとイメージダウンになりますし、またそのような事情をご存じなかったとしたら、理系の知識人として「勉強不足」のようなイメージなりますよ。

そうしたところ、私はブロックされてしまった。
親切心で忠告したのだが、相手の気持ちを傷つけたのかもしれない。難しいものである。

検索エンジンの「サジェスト汚染」 グーグル「名誉毀損判決」をどう考えるべきか

(広告)
作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)
不死の宴 第一部 終戦編
人生はボンクラ映画・西森元
1988 獣の歌/他1編・栗林元
神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元
盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
小説指南・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2015-08-30 09:59 | WEB | Comments(0)
先日、携帯端末を某PHSからソフトバンクのiPhone3GSに換えた。
もともと自宅の自室ですら場所によっては圏外になるという状態で、家族からも批難轟々。
妻曰く「iPhoneでもいいから家族と同じソフトバンクにしてほしい」とのことで、表向き「しょうがないなあ」と言いながらも、内心は大喜びな俺なのだった(苦笑)
WindowsMobile端末が使いたかったからという理由だけで使っていたのであるからPHSに未練はない。
で、iPhoneには数々の魅力的なアプリがあるのだが、今回その中で現在もっとも感動しているアプリを紹介する。
それが、青空文庫リーダーの「豊平文庫(ほうへいぶんこ)」である。

起動するとアプリの表紙が文庫本の表紙になっていて、各種文庫で育った俺にはそれがうれしい。
「しおり機能」で最後に読んでいたページが自動で選択されるようになっている。
背景色は「象牙色」「藍色」などが選択できるが、俺は渋めに「枯草色」を選択している。字詰めが設定できるので一画面(1ページ)の行数も調節できる。このあたりで、ああ「老眼すすんだな俺・・・」なんて感じるわけだ(涙)

本の選択はネット経由で青空文庫(当然無料だ)に収録された作品を選択できる。パケ代とか少し気になるが、どんな長編も「テキストデータ」なのでダウンロードは瞬間的に終わる。
ちなみに俺は長さでは定評のある小栗虫太郎の長編ミステリー「黒死舘殺人事件」をダウンしたけど、2秒だった。
手で保持して読もうとすると、コンサイスぐらいのサイズになるこの作品をiPhoneで暇なときにすぐ読めるというのは、読書の新しい形だろう。
また、青空文庫で作品自体も読みやすくなっている。どういうことかというと、俺の持っているハヤカワミステリ版では「その妖気のやうなものと云ふのは」といった旧仮名表現で、雰囲気はすばらしいのだが読みづらいことこの上ない。その意味では青空文庫は古典に新しい魅力を与えてくれいるわけだ。
さし絵にも対応しているので、降矢木家の紋章なども見ることができる。

ということでこの豊平文庫。iPhoneの電話機能よりよく使用している(笑)。
2秒でダウンできる長編小説だが、おそらく半月は楽しめると思う。本当に「リッチ」なコンテンツは重い動画やゲームより、「小説」だよなと思うのである。

※ちなみにこのアプリのメニューの、「2000年以降と年代不詳作品」の中には、俺の作品「自転車の夏」も入っているので、ぜひダウンロード(1秒ぐらいだった)して読んでほしいな。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-11-03 13:50 | WEB | Comments(4)

Twitter DOS攻撃に会う

Twitter、DoS攻撃で一時サービス停止に


今(8/7 16:32 Japan)も、受けてるみたい。繋がらないよ。
昨日の攻撃は、「アカウントを持つ親グルジア派の活動家ブロガー1人を標的にしたものだったという。」だそうだ。

「目的は彼の発言を封じることだった」とか。

終戦記念日も近いことだし、隣国のVANKあたりも似たようなことをやりかねないよな。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-08-07 16:35 | WEB | Comments(1)

Twitterを始めてみました

ということで、さっそくプログに貼ってみた。(画面右下)
エキサイトブログの公認のパーツじゃないけど、スクリプトを貼ったら登録できました。

ブログパーツが貼れた!を参考にさせてもらいました。

Flashのパーツなら良いみたいです。
横幅が少し大きかったので、ソース上で左右のピクセルを145にして納めました。
とはいえ、何を書くのか、まだ模索中ですが。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-08-05 13:40 | WEB | Comments(2)
これは、普通のPC用サイトを、携帯端末に最適化してくれるプロキシーサーバーなのである。
携帯用のページも作ってほしいんだよな、というリクエストに対して、携帯ユーザーには、ここを通させようと考えたわけだ。
新たに画面作らなくてよいしね(苦笑)。
GoogleMobileProxy
携帯で見たいサイトのURLを入れればよいです。
たとえばこのサイトはPCでは
http://hage.exblog.jp/
なのだが、
これを(クリックしてみて)
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fhage.exblog.jp
こうすることで、携帯用の画面に最適化してくれるわけだ。

ということで、この読書記録`(どくしょきろぐ)を携帯から閲覧いただくためのQRコードを作ってみたので、各端末にてお試しください。
a0003784_2246797.jpg
ブロガーの人は、こういったQRコードをプライベート用の名刺に入れて持ち歩くのもよいかもね。

※悲しいかな本人は、昨年FomaからWillcomに変えちゃって試せないのであるよ。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-08-01 22:51 | WEB | Comments(0)

BLOGを作ってみた

というか、もうブログやってんじゃねえか、と突っ込みが入りそうですが、やってみたのはBLOGをはじめとするいわゆるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)そのものの構築である。
使用したプログラムは、NucleusCMS。ま、知り合いの依頼で、とはいえ仕事として構築したわけで、51歳の手習いですな。


この手のシステムの代表は、MovableTypeとかWordPressであるが、某サーバーが動作を保証していたのがこのNucleusCMSなので、早速アマゾンでテキストを購入して構築したわけである。
ところが、プラットホームであるMysqlとPHPとのVerの相性が悪くて、インストールが失敗続き、時間的に切羽詰っていたので、結局NucleusCMSの自動インストールサービスのある別のサーバーを借りて仕事をコンプリートしたしだい。
HTMLの知識とCSSの基礎的な知識はあったので、何とかなるだろうと思ったのだが、けっこう大変だった。
というのも、「コンテンツ内容」とそれの「配置」と「装飾」とが完全に切り分けられているので、テンプレートを加工しようにも、最初はどこをいじればいいのかさっぱり見当がつかず、茫然としていたわけである。
とはいえ、CSSの基本に立ち返れば、なんとなく分かってくるもので、文字通りCSSのコードを「読書百篇、意おのずから通ず」だった(苦笑)。
苦労はしたけど、CMSのことを実によく学んだ半月。でも欲を言えば、同じ苦労をするのなら、もっとメジャーのWordPressをやればよかった(半分ジョーク)。
実は、NucleusCMSは、俺ぐらいのスキルの人間には最適だと思う。プラグインという形で、カレンダーなどの追加機能を簡単に導入できる。初めて触った俺がほぼ一週間で三段カラムのまともなサイトを構築してしまったのだから。
Nucleusでつくる!最強のブログサイト
※リンクは別ウインドウで開きます。悪しからずご了承ください。
で、作りあげた肝心のサイトなんだが、選挙がらみの候補者サイトなので、いちおう秘密にしておきます。
このブログ「読書記録゛(どくしょきろぐ)」は、政治とは無縁なので。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-07-31 22:19 | WEB | Comments(1)
実は、今月から勤務先での所属が「SEO」(検索エンジン最適化)とか「SEM」(検索エンジン連動マーケティング)などのWEBマーケのセクションになった。
どれ、改めて勉強しようとばかりに、この自分のBLOGに検索エンジン最適化の処置を施してみた。
診断ツールは、セプテーニのSEO診断ツール「Dipperβ」
キーワードは「読書記録」。ページタイトルの「読書記録゛(どくしょきろぐ)」の「゛(だくてん)」のない、かなりビッグ(SEO的には、"より一般的"な語というような意味)なキーワードである。
まず最初の診断では、Yahooの検索では「圏外」、Googleの検索では「12位」、MSNでは「圏外」。ページランクは「3/10」。当然既存のブログサービスだから、タグやページ構造に関しては、特に問題は無かった。
そこで、まずページの中でキーワードの「読書記録」という言葉の使用を増やした。まずサイトの説明文"読んだ本、見た映画の記録~"を"「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画~"に、また"おすすめLink"を"「読書記録゛」のおすすめLink"にしたりである。
さらにピングの送信先が4ヶ所だったのを10ヶ所以上に増やした。また、過去の記事に関する同様の内容の記事を探して、トラックバックさせてもらった。
最後に、さるSNSの私の個人ポータル画面の中に、このブログの記事が更新されるたびに新着記事として読み込まれるように設定した。これで被リンクが50ほど増えた(!)。
その結果、評価ポイントが「58」から「68」にアップ。
Yahooの検索では「圏外→9位」、Googleの検索では「12位→5位」、MSNは「圏外」のまま、という結果になった。
ただ、もともと「読書記録゛」の評価の大部分は、「2004年から続けている」ということと「記事が多い」という点であったことでもわかるように、「長く続けている」「コンテンツの内容が濃い」という部分は、小手先の技術ではいかんともしがたいものだなあと感じたしだいである。
蛇足ではあるが、このブログのタイトルは「きろく」と「ログ」とにかけた洒落なのだが、同時に検索用の「読書記録」という一般的な言葉と、訪問者の心に印象を残す「変な名前」の両方の条件を満たす名前だったなあといまさらながら感心している。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-04-10 10:18 | WEB | Comments(5)