「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

カテゴリ:紀行( 4 )

諏訪五蔵、秋の呑み歩き


「舞姫」「麗人」「本金」「横笛」「真澄」。諏訪市の甲州街道沿いには、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並ぶ。同じ霧ヶ峰の伏流水を仕込み水に使いながら、それぞれに特徴のある個性豊かな酒を醸し続けてきた。
毎年春と秋に、この五蔵が共同で、「上諏訪街道 呑み歩き」というイベントを実施している。昨年秋から、連続で参加しているが、今年の秋は10月4日で、当然参加する予定(苦笑)。
高校の同級生と参加しては一泊して帰ってくるわけである。

五蔵を巡るコース沿いには、地元の旨いものや、鹿肉などの屋台が並び、それらを肴にしながら利き酒をして回るという天国のような秋の昼下がりだ。
毎回、家族に対する言い訳のように買って帰るのが、この舞姫酒造の「あんず酒」である。果実酒と言うとホワイトリカーで作るというイメージだが、これは、純米酒で仕込んであるので、まろやかなのど越しで女性に人気。家で待つ嫁と娘と老母に買って帰ると喜ばれるのだ。

ということで、Amazonにリンクしてありますので、興味をもたれた方はご購入ください。

リキュール あんず酒 純米酒仕込み 720ml 長野県 舞姫酒造

舞姫酒造

諏訪五蔵

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!
[PR]
by hajime_kuri | 2014-08-11 22:46 | 紀行 | Comments(0)

新しいカメラ買った

みなさん明けましておめでとうございます。
年末から元旦にかけて、2泊3日の小旅行してきました。
と、いってもいつも行く長野県茅野市へいって、まったりしてくるだけなのですが。
雪も少なくてドライブは楽でした。※当然スタッドレス履いています。

出発に先立つ28日に、いきなりデジカメが壊れてしまったので、大慌てで、
↓これを買いました。a0003784_9151813.jpg



で、撮影したのが↓これ。
a0003784_917473.jpg
深夜に、現地に到着して食料買い出しの際に撮影。
いいじゃないですかなかなか。

600万画素で19800円ですから正解かも。
でも、気づいたのは、この二台前(3年前)に使っていた130万画素の中国製デジタルカメラとメーカー同じじゃないですか。しかも壊れた電池フタ部分が同じ加工法。涙。一応、一年以内に電池のフタが壊れるかも知れないと覚悟して、保証書は出しやすい所にしまって置くことにしました。苦笑。
[PR]
by hajime_kuri | 2006-01-03 09:24 | 紀行 | Comments(6)
a0003784_232942.jpg旅というものは、その土地についての歴史等を知っていればいるほど楽しい。ましてやその土地が長く憧れ続けた場所であるならば…。
碩学・渋沢龍彦が、それもイタリアを旅した際のエッセイである。もともと発表されるつもりの無かった日記である。庭や建物や絵画や陽光や風などに想起された、自由に羽ばたく彼の知識に酔えばいい、という本である。
また、この本の装丁や製本がいいのだ。文庫サイズでハードカバー。かっちりとした堅さと重さが掌に気持ちいい。本当に角川春樹はこういう本を所有する喜びを知っている。
内容は以下の目次で判断していただこう。

1 シチリアへ
2 ゆがんだ真珠
3 迷宮
4 饗宴
5 イタリア日記

これを読んで、ますますイタリアに行きたくなった俺である。
渋沢龍彦って本当にいかしてる。
イタリアの夢魔ランティエ叢書 (15)←アマゾンへGo!
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-06 23:30 | 紀行 | Comments(0)
a0003784_181512.jpg馴染みの薄いイスラムの文化について、宗教、建築、生活様式、歴史など様々な角度からわかりやすく解説している。
イスラムが登場するまで、部族社会のアラブで国家が成立しがたかった訳や、アラブに征服されたペルシアが文化的には逆にアラブを征服していった様子、またモスクやカスバ、キャラバンサライ、カナートなど中近東独特の建物施設から食事に至るまで、実に興味深く分かりやすく説明してある。
最近のイラク関係のこともあって、イスラムについてもう少し勉強しようかな、というときに最適の本。ついでに、あっちへ旅行したくなる本でもある。
内容は以下の通り
第1章 イスラムとはどんな宗教か(イスラム文化を見なおそう
イスラム共同体の成立 ほか)
第2章 建築と工芸の美を求めて(イスラム建築工芸の魅力
モスク、ミヒラーブ、キブラ ほか)
第3章 人と生活さまざま(気温が45度ぐらいになると
土をこねて造るマイホーム ほか)
第4章 西アジアと北アフリカの歴史こぼれ話(昔を語る炭素、石器、土器
暗黒からよみがえった楔形文字 ほか)
不思議のイスラム―トルコ~エ...Trajal books←アマゾンへGo!

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-04 18:16 | 紀行 | Comments(0)