「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

カテゴリ:カテゴライズ不能( 5 )

それは、後ろ暗いところがあったからだろう。

宮内庁からの「政治利用の恐れ」という意見に対し、「政治利用そのもの」だからこその怒りである。痛いところを突かれた怒りである。

第一、あの600人の訪中団はなんだろうか。
私には、宗主国に朝貢する属国の使節団にしか見えなかった。
そして、主席とのツーショット写真にはしゃぐ民主党議員たちは、喜びからちぎれるほどしっぽを振って愛嬌をふりまくチワワにしか見えなかった。
日本国民として、恥ずかしくて死にそうになった。

その主席とのツーショットと、天皇陛下との会談を同列にしているというなら、その皇室軽視は、イコール日本国民軽視に他ならない。
小沢幹事長の言葉で、どれほど多くの日本国民が不快な思いをしたか、民主党は自覚せよ。
そして、二度と中国に媚びて日本国民を軽視するようなことはやめてほしい。

自民党の腐敗もひどいが、民主党の浅はかさもいい勝負だ。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-12-16 22:22 | カテゴライズ不能 | Comments(2)

昨年からテレビの露出も増え、そのエキセントリックなキャラが話題の鳥居みゆきの単独ライブDVDである。
彼女は「ライブ」の人と言われるが、まさにそのとうりと思えるDVD。
本人の告別式のスタイルをとって進行するブラックなライブ。しっかりとした強度を備えたライブである。
テレビでは見られない彼女の姿が新鮮。もう芸人とかコメディエンヌというよりは、一人芝居を演ずる女優だな。
ネタ自体もよく練られていて、随所で笑わされた。彼女が自身でネタ作りをしているのだろうが、「才能」を感じさせる。
このライブでは、テレビでおなじみのショートネタ「まさこ」はない。
それだけに痛感したのは、この人は本当に美人だなということ。テレビ等で見せるエキセントリックなキャラは、この美貌を「克服」するための演出である。お笑いにとって、美貌とは「克服」しなければならないものなのだ。
その意味で、彼女は「ブリッ子」だ。「可愛い子ブリッコ」ではなく「キチ〇イブリッコ」である。
とことん自分を「汚れ」に落とし込んでいる意気込みには、男前なかっこよさを感じる。
そして、かえって美貌が際立ってしまう。このDVDで、すっかり彼女に魅了されてしまった。
故 鳥居みゆき告別式 ~狂宴封鎖的世界~ [DVD]
※篠原ともえ風のキャラ「みゅうみゅう」に扮した架空のグルメ探訪番組「ペッコリーズ・キッチン」は必見。大爆笑である。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-01-22 22:19 | カテゴライズ不能 | Comments(3)
もう8日だけど。

2009年は、年号が「009」になる1000年に一度の年だということで、こんなサイトがオープンです。

http://009ing.com/
「サイボーグ009」の公式サイト。

ジョーたちの祈りも空しく、中東では今日も鉄の雨が降っています。

「眼には眼」という報復合戦が生む「憎しみの連鎖」、なんとかならないものか。
特にイスラエルな。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-01-08 17:12 | カテゴライズ不能 | Comments(4)
とりあえず、みなさんトラバで情報を広げましょう。

新潟県中越大震災復興支援 あかつきボランティアネットワークのblog
[PR]
by hajime_kuri | 2007-07-16 22:12 | カテゴライズ不能 | Comments(0)
といった経験は、誰にでもあるのではないだろうか。
お気に入りの音楽のサビの部分とかが、頭の中でリフレイン状態という。
実は、今、困ったことに、俺の脳内ラジオパワープレイ状態なのが、

「激 帝国華撃団」

ゲーム(サクラ対戦)すらやったことないのに。
きっかけは、妙なダンス集団ゾンビーズのPVで踊っていたのを見たせい。

メロディーが昭和歌謡というのが、琴線なのであろうか・・・。
困ったことです。
[PR]
by hajime_kuri | 2007-05-16 09:41 | カテゴライズ不能 | Comments(4)