「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2004年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ミクロマン衝動買い 2

a0003784_0269.jpg色々ポーズつけてみました。
かわいこぶったアイドル風。
気分はミスマガジン。


カタログによれば胸サイズは三段階。
確認したところ、俺の買ったのは一番大きなタイプ(やっぱり)

来月また買っちまうな、こりゃ。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-31 00:27 | 玩具 | Comments(4)

ミクロマン衝動買い 1

a0003784_02119.jpgあまりのスマートさに買ってしまいましたよ、ミクロマン。

かつて22年前、いい歳こいてはまっていました。
当時24歳。

最近のリバイバルで店頭の観察は続けていましたが、女性型が登場して、ついに購入に踏み切ってしまいました。

特筆すべきはポーズの自由度。

グラビア風に撮影してみました。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-31 00:22 | 玩具 | Comments(5)
a0003784_02628.jpg 「2」が制作されて、また話題になりそうな「スターシップトゥルーパーズ」だが、アマゾンのレビューを眺めていて、「わかっちゃいねえなあ」とため息が出てきたという話。
 ハインラインのタカ派SFの映画化だが、どうもそのストーリーや表現だけで、これは暴力的なまさにアメリカ的な右派映画ととらえている人が意外に多いのに驚いた。
 本当に俺の予想より多くて驚いた。
 これはアメリカの正義を皮肉った映画である。
 一度も国土を敵に蹂躙されたことのないアメリカ。圧倒的な武力の差に、一人一殺の神風アタックしか手段がない、という経験のないアメリカに、それこそ、絶体絶命の危機になったらアメリカ的な正義なんて言ってられないだろうお前ら、と叫んでいる映画だ。
 プロパガンダで若者をたぶらかして、戦場へ送って、「英雄英雄」とおだて上げて、と普段ならアメリカが「国民を洗脳して戦争へ駆り立てている」とならず者国家を非難するような状況を、極めてアメリカ的な社会に現出させている(笑)、すばらしい皮肉。
 翻って、アメリカに敵対している国の国民は、この映画の登場人物のような状況だということである。
 だいたいオランダ人のバーホーベンが監督なんだから。このくらいのひねりは当然だろう。問題は、この様な単純な「逆説表現」すら通じない人たちが意外にいる、ということだ。
 「暴力礼賛」とか、逆に「若者達の勇気に感動した」とか(ため息)
 普段は温厚で、めったに激した言葉を吐かない俺ですが、これには思わず叫びたくなった。
 「お前ら馬鹿だろう」と。
スターシップ・トゥルーパーズSTARSHIP TROOPERS←アマゾンへGo!


(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-30 00:27 | 映画 | Comments(3)

俺の闘病記 7

a0003784_7182.jpg糖尿病が悪化し、インスリンの効きが悪いまま、ベイスンなどの糖吸収遅延薬などを服用し続けると、細胞内でブドウ糖のエネルギーが有効利用されないため、脂肪を分解して利用し、その結果、血液中に ケトン体 という脂質の代謝産物がたまって、 ケトーシス という状態におちいる。ケトン体は 強い酸性の物質のため、 血液が過度に酸性になり、重症な場合には昏睡状態におちいることもある(これを糖尿病性ケトアシド-シスという)。いわゆる成人病のインスリン非依存型糖尿病ではなりにくいとされているが、俺はなってしまったようだった。急激に体重が落ちていく。
このケトン体が体内に増えると、インスリンはますます働きにくくなる。
このケトーシスは、糖尿病でなくとも極端なダイエットでも起きるから、ダイエットしている人は要注意だ。
話題の低インスリンダイエットは、このケトーシス状態を危険の少ない程度に興すモノと考えていいだろう。
ケトーシスになると、以下のような症状になった。
・いつも眠い
・疲れやすい(というかいつも甚だしく疲れていた)
・抵抗力がなくなり病気ばかりした
・傷の治りが遅い
仕事のパフォーマンスは下がるし、なにもかもが億劫になる。俺は、ウツ病になった。
ただ、今にして思うのは、ウツになって何もかもできなくなって糖尿が悪化しケトーシスになったのかもしれない。相乗的なものなのだろうと思う。
間違いなく言えるのは、入院までの一年間は完全なウツで、抗うつ剤を処方されながら、無理矢理勤務を続けていたわけで、この一年間が糖尿病をとことん悪化させたということだ。
ウツ病も、糖尿病も傍目にはただの「なまけもの」にしか見えない。俺の場合は「家族」と「勤務先」のそんな視線に耐える数年間でもあった。子供や家族がいなければ、死んでいたかもしれない。
ウツ的傾向のある人でなおかつインスリンの効きが悪い人は注意が必要だろう。
※(写真)入院前の1年間、毎朝、名城公園のお堀で20分近く逡巡してから、気力を振り絞って出勤していた。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-26 07:19 | 糖尿病 | Comments(3)

俺の闘病記 6 低血糖

糖尿病のインスリン治療で避けて通れないのが低血糖症状だ。
最近では、低血糖症状で意識がブラックアウトしたトラックドライバーが大事故を起こした事件が記憶に新しい。
自前のインスリンの効きを補うためにインスリンを注射しているので、忙しくて昼食が取れなかった、というような場合、血液中の糖分(車でいえば燃料である)が不足する。この場合、脂肪を燃やしてエネルギーに変えるのは時間がかかるので間に合わない。
症状は、寒気、震え、動悸、立ちくらみなどである。ひどい場合は失神して死ぬ場合もある。そのために、緊急時には吸収の早いブドウ糖の粉末を飲むよう医師から指導され、必ずインスリンと一緒に処方される。
俺も実は低血糖で怖い体験をしている。
ホームセンターで買い物中に低血糖を起こして目の前が真っ暗なり、気がついたら、電動工具の棚に頭を突っ込んで倒れていた。幸い、頭を少し切った程度で済んだが、意識が戻ったとき、目の前にジグソーの歯があり、倒れ方が悪ければ、眼球に刺さっていたところだ。
規則正しい食事をしていても、低血糖が頻繁に起きるようになると、それは自前のインスリンの効きがよくなってきたということでもある。いつ起きたか、また軽いときは、ブドウ糖を飲む前にそのときの血糖値を測定するなどして、医者に詳細を報告する。
すると、晴れて、インスリンの単位を減らすよう指示される。
これはうれしい。
俺は治療中、毎日の血糖値をエクセルのシートで記録して、低血糖が起きた時はその時間帯を黄色くマークしていた。
一ヶ月のシートの中で、黄色い部分が増えてくると、
「そろそろ、単位減らせるな」とうれしくなったものである。
次回は、糖尿病とウツに関して書いてみよう。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-25 11:24 | 糖尿病 | Comments(0)

俺の闘病記 5

a0003784_22219.gif糖尿病の血糖値コントロールで、一番難しいのは食事である。
特に減量中の時はつらい。
俺の場合は、妻と一緒に入院中に食事の指導を受けた。朝昼晩の三食のカロリー配分などを指示されるわけだ。今までいかに無神経に食べていたかがわかる。
朝と晩はこれで妻に頼めばよいのだが、昼だけは自分で外食だ。ということで、最初の半年は、コンビニでカロリー表示のある食品を選んで700kcalを超えないようにして昼食にした。
夕食前の空腹時血糖を見ると、その日の昼食が良かったか、歩く距離は適切だったか、等がわかる。
今では、自然に700kcal前後のものを食べているから、習慣とは恐ろしいものである。
特に脂肪を落としている減量期に、間食は厳禁だ。
とはいえ腹は減る。そんなときは「腹が減った」と考えず「今まさに脂肪が燃えている」と考えるとよい。空腹時は、まさに体内の脂肪をエネルギーに替えて消費しているときなのだ。
どうしても我慢できないときには、甘味料を入れたコーヒーで空腹感をごまかした。
甘みは空腹をうまくごまかせるのである。これは事実。減量中の方は是非お試しいただきたい。これで間食をやめるだけで、減量はどんどん進む。
俺の場合、味の素の甘味料パルスイートが大活躍した。錠剤タイプを購入して、いつも携行しているので、空腹になると、コーヒーに入れて飲んでいる。1ヶ月で600円ほど。
コーヒーは砂糖とミルクを入れさえしなければ、アルカリ性でカロリーゼロの健康飲料である。まさに、俺の減量成功の最大の功労者は味の素であろう。
コーヒーは利尿作用があるので、同時にお茶やミネラルウォーターを摂取するようにすると血液の濃度が適切になる。
糖尿病が改善されてくるとインスリンの効きがよくなり、インスリンを注射していると、低血糖が起きるようになる。これは回復の兆しであるが、同時にすごく恐ろしい症状でもある。次回は、俺の味わった、恐怖の低血糖体験について書いてみる。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-24 22:22 | 糖尿病 | Comments(0)

俺の闘病記 4

a0003784_223310.jpg入院2日目からインスリンは看護士立ち会いの元、自分で注射するようになった。
ペンフィルR(速効型)とN(標準)の2種類である。写真の様なペン型の注射器で、メモリで単位をあわせて打つ。思わず手塚治虫の「ビッグX」を連想した。当然、注射の前後はエタノールで消毒し、針も使い捨てである。打つ場所は腹の脂肪。
血糖値にばらつきがあるため入院5日目にインスリンの単位を一日28単位にされた。
入院9日目に朝14単位・夜12単位に減量。
退院して1週間後、朝10単位・夜4単位に減量。
一ヶ月後に、朝10単位のみに減量。
その4ヶ月後に、朝8単位に減量。
その5ヶ月後に、朝6単位に減量。
その2ヶ月後に、インスリン注射不要になる。
このインスリンの単位を決めるには、血糖値の観察が必要だ。血糖値の測定キットを与えられ、一日二回、朝と夕食前の空腹時に、指先から血を採って計測する。俺はその結果を毎月エクセルのシートに落として医者に提出していた。
これは小学校の頃の理科の実験的なところがあり、科学少年の俺は、少し面白かった。トレーニングの成果が体重に反映し、体脂肪が落ち、同時にそれが血糖値に反映(インスリンの効きにリアルに反映)していくのが実に励みになる。
低血糖が起きるようになると、インスリンの単位を減らすよう指示が出る。
食事に少し気をつけながら、毎日適度に運動をする。これだけで、一年間で、ヘモグロビンA1cが正常域になり、体脂肪率が25パーセントから14パーセントになり、内臓脂肪がきれいさっぱり無くなっていた。
世間を見渡すと、「一度インスリン注射をすると一生注射に依存ですよ」という言を信じて、怪しい民間療法や健康食品に頼る人が多い。これはその業者に騙されているといって間違いない。
一刻も早く、成人病専門の医師に相談することをお勧めする。
次回は、食事について。どうやって食事制限をしているのかなど。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-23 22:34 | 糖尿病 | Comments(1)

アヴァロン Avalon

a0003784_20228.jpgポーランドロケによる荒廃した近未来を舞台に、仮想戦闘ゲーム‘アヴァロン’をめぐる闘いを描く。ということになっている。押井 守の作品の中では、独りよがりな部分が無く、映画としての完成度も非常に高く、個人的には凄く高く評価している。
それだけに、アニメファンの評価は色々だろうけどね。
仮想現実ゲームを舞台にしているが、物語のテーマは、「自分の意識」の曖昧さ、その不安感は現実に自分が今立っている日常の中にも潜んでいて、現代の人間はみな大なり小なり薄々感じているあの感覚である。
舞台は押井好みのレトロなヨーロッパな町並みで、色はセピア。やっぱりねと思っていた俺だが、物語のクライマックスでゲーム世界がクラス・リアルに移行したとたん、本来の現実の町に現実の色でヒロインは立ちつくす。ここで、思わず俺は「やられた」と思った。従来の押井ファンは、それこそ裏切られた、とまで思うかも(笑)
いったいどこまでがゲームでどこからが現実なのか。
すべては観客の受け取り方に任されている。観客の数だけ解釈があるのだ。
すべてはヒロインの長い長い幻想とも取れるのである。
以下少しネタバレ-----------
まず、アッシュがリセットで現実に戻ったあと、愛犬がいなくなっている。
図書館で借りた本の題が日本語、ページは真っ白、となってくると俺を含む多くの観客は、アッシュは実はまだゲーム内にいるのでは、と感じる。
が、クラス・リアルに入ることにより、それ以前の設定「遠くない未来」もまたゲーム世界なのではないか、という疑念が根ざすようになっている。
まるでアニメそのままの、主人公たち以外、動きを止めた背景の人々とか、いつもの演出か、と思っていたものが、すべて、「これは虚構だぞ」という強力なサインになっていたのだ。
リアルに戻ったアッシュが、最後に銃口を向けたゴーストの少女。
アッシュが打ち砕こうとしたのは、果たして天使なのか悪魔なのか?
すべての判断を観客に委ねたまま、物語は幕を閉じる。
映像・音楽とも申し分ない作品である。
アヴァロン Avalon←Welcome to Amazone!

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-23 19:58 | 映画 | Comments(5)

俺の闘病記3

a0003784_103640.jpg 退院したのが6月。これからどんどん暑くなるという初夏。
 やせるには最適の時期だった。
 入院中、わずか4日目にして腹が凹んできたことで、俄然、俺のシェイプアップ欲に火がついた。散歩のたびに本屋に立ち寄り、雑誌「Tarzan」とかを買ってくる。筋肉量が増えると、それを維持するために基礎代謝(何もしなくても必要な最低限の摂取カロリー)が増えるので、一日に食べることの出来る食事の量が少し増えるということも知った。
 これはもう、筋トレするしかないでしょう。
ということで、退院したらこうしようああしようという、トレーニングメニューを考えるのも入院中の楽しみの一つとなった。
 後で知ったのだが、筋トレなどで筋肉に刺激を与えるとインスリンの効きが良くなるのである。一石二鳥ではないか。

 退院して、まず実行したのが夕食後の散歩。
夕食後、20分程度で血糖値が上がりはじめる。糖尿病はこの上がった値がなかなか下がりにくい病気である。そこで、その食後20分の段階で、散歩をして血糖値の上がりを緩やかにし、なおかつ長時間歩けば有酸素運動となり脂肪も減らせるわけである。
さらに、40分の散歩から帰ってきて体が温まっている状態で、ダンベルを利用した筋トレを行う。筋トレのメニューは以下。
 ・腹筋 上腹部(膝を曲げ、胸から巻き上げるように)30回
     下腹部(下腹で曲げて起きあがる・腰の負担に注意)20回
 ・ダンベル(主に上半身)
     カール、ショルダープレス、ロウイング、スクワット、リストカール、
     ベンチプレス、バタフライを各10回3セット
   ※三ヶ月ほどで負荷が足りなくなったので、30回1セットに変更。
 ・腹筋 ツイステッド、サイド、上腹部を合計100回
 腹筋は合計150回やっているが、これにはこつがある。実は最近の研究で、腹筋などは必ずしも連続でやる必要はないということがわかっているのだ。
 そこで、俺はエクセルでトレーニングシートをつくりプリントアウトした。それをトレーニングする部屋に常備しておき、テレビを見たりしながら、やった回数だけ「正正」と記入していくのだ。そうやって達成した数字なのである。
 ダンベルなどのウエイトトレーニングは大学時代にウエイトリフティング部の先輩から少林寺拳法部全体で指導を受けていたこともあり、どのトレーニングでどの筋肉を鍛えるかなどの基礎的なことは知っていた。そこで、Tシャツを着たときに映えるように上腕部と胸部がビルドアップ出来るようメニューをつくったわけである。またその部分が、今までにあまり筋肉のない部分なので、新たな筋肉を増やすには一番効果的だとも考えたのだ。(糖尿病になって、筋肉がげっそりと落ちていたわけです)

 それだけの運動を毎日するのは大変だろうと思われるかもしれない。しかし、本当に大変なのは、運動ではなく、そのための時間を確保することなのだ。
 まず、夕食を必ず8時ぐらいまでにすまさないと時間が確保できない。俺の場合は、この年は自分の健康を元に戻すことを第一義にし、ほとんど18時半には退社していた。
 また、「やらねばならない」という脅迫観念は持たないことである。特に筋トレは、1日おきが一番効果的だ。トレーニングで筋肉細胞を破壊し、それが回復するのに48時間かかるからだ。だから、ダンベルは、最初の三ヶ月は隔日で実行し、筋肉ができあがってからは、それを「落とさない」ために毎日やっている。
 一ヶ月でならせば、3日に一回は休んでいる、というかやれない日もあるよ、会社員だから。つまり、三日坊主で終わった後、一日休んでまた三日坊主といったところ。一ヶ月に三日坊主を四回やれば、十分とも言えるわけだ。
 さらに、日常では、エスカレータとエレベータを使わなくなった。
 むしろ階段があると、「おっ、カロリー消費するチャンス、ラッキー!」と感じるようになった。業務で出かけるときも、地下鉄二区分は徒歩圏内と勝手に決めた。デスクワークが集中した日は、帰りに降りる駅を前後に調節して歩く。
 この生活と意識の変化で、俺の体はみるみる健康になっていった。
 次回は、血糖値の変化と、注射するインスリン単位の変化からその回復経過を書いてみたい。医師の指導で行うまっとうな治療と、生活習慣の改善は、どんな民間療法(健康食品とか何とか療法の類ね)より効く。そして圧倒的に安いのだ。
※今回の写真は、俺が週末に走る自転車コースにある腹筋台。よく使っています。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-23 10:37 | 糖尿病 | Comments(1)
a0003784_184410.jpg糖尿病でなおかつ鬱病まで併発していた俺が、どのような入院生活を送ったか。
まず、入院の動機は、糖尿4割と鬱病6割であったと告白しておこう。勤務先の日常から少し離れたかったのだ。そのためには、前々から医師から進められていた糖尿病の教育入院はぴったりだった。また。血糖値がちょくちょく400を超えるときがあり、もう限界だなと思っていたこともあった。

入院日記
5月20日(月)晴れ
 10時に病院入り。
 スケジュールは以下の通り。
・検温10:00
・血糖値は朝食前、昼食前、夕食前、就眠前の定時に測定
       11:30 275
        5:30 225
        9:00 146
 今回初めてのインスリン注射が夕食前の6時
・運動は4階までの登りを8本。これはタバコのたびに一階まで降りて上がってくるからである。これは医師からの指示ではなく、俺が自分で決めて実行した。
・食事は1日2000キロカロリー それほど苦痛ではない。
インスリンで血糖値が下がり、気持ち、だるさが抜けたような気がする。医師曰く、ケトンが抜けていくからでしょうとのこと。

5月21日(火)晴れ
 夜中1時に排便のため目が覚めたが、その後は朝6時半まで熟睡。何年ぶりかという熟睡である。いつもは毎晩二回ほど排尿で起きていたからだ。また、明日は勤務がないと、心穏やかでよく眠れる。
 血糖値 7:30 196
    11:30 288
     5:30 212
     9:00 181
 午前中散歩。
 午後、入浴。こんな時間には入りづらいよ。
 4時、いつもの外来。
 この夜からインスリンを自分で打つようになる。ペンフィルRとNの二種類。ペン型の簡単な注射である。それぞれ打つ単位が決まっている。「目盛り2」とか。まるでビッグX。
 本日の運動。階段往復10回。腹筋60回。スクワット80回。腕立て30回。明日はまた少し増やす予定。

5月22日(水)晴れ
 朝6時に排便で起きる。その後7時までまた寝る。肩こりが軽くなった。勤務がないせいだろう。肩こりはストレスのためだったのだと判明。
 血糖値 7:30 186
    11:30 250 
     5:30 164
     9:00 131
 本日の運動。階段往復11回。腹筋70回。スクワット20回。腕立て10回。
 午前に眼の検査。異常なし。ただし怪しいところがあるので、三ヶ月に一度検査することとのこと。
 午前中、散歩。
 あまりに退屈で、昨日から少しずつ小説書いている。
 ※注 写真は入院当時の俺の執筆環境。NECモバイルギア大活躍。

5月23日(木)曇り
 朝3時に排便で起きる。その後7時までまた寝る。
 血糖値 7:30 162
    11:30 223
     5:30 115
     9:00 180
 本日の運動。階段往復10回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午前中、散歩。
 午後、上腹部と腎臓のCT検査。まったく色々体験できる。
 夕方4時に同僚がお見舞いに来てくれた。
 5:30の検査で血糖値が人並みに下がった。少し励みになる。
 小説バリバリと進む。他にやることがないので本当に進む。ただ、原稿にして何枚までいったかはまったく不明。気にせず書き進めることにする。

5月24日(金)晴れ
 朝1時に蚊に刺されて起きる。その後なかなか寝付けない。と思ったら抗うつ剤飲んでなかった。
 血糖値 7:30 142
    11:30 196
     5:30 173
     9:00  71 86 ブドウ糖飲んで182
 本日の運動。階段往復10回。腹筋100回。スクワット20回。腕立て20回。
 午前中、また散歩に出る。病院に戻ってから医師より説明があった。
 まずCT検査。脂肪肝である。ただ肝機能は正常。それ以外の異状はなし。次にMR検査。こちらの方も異状なく、胆嚢も膵臓も無事だった。やれありがたや。
 風呂の時、鏡で見ると、目に見えて腹がへこんできている。すばらしい。わずか4日だよ。あと一週間続けたらどうなるのか。喜びのあまり、病室へ戻って腹筋(笑)。
 ※注 食事制限と運動で、目に見えて変化がわかると大いに励みになるのである。ダイエットされる方は、正しい食事制限と適当な運動を4日行えば、目に見える程度の変化があるのだ。
 午後2:30お見舞い。ありがたい。
 午後3:30外来。血糖値にばらつきあるためインスリン量を6単位増加。合計28単位。これが16単位以下だと薬に戻れるということである。
 夜、低血糖でブドウ糖飲む。効きすぎたわけ。

5月25日(土)晴れ
 朝5時に起きる。
 血糖値 7:30 136
    11:30 169
     5:30 141
     9:00 132
本日の運動。階段往復11回。腹筋100回。スクワット10回。腕立て0回。
 午前中の散歩。歩きつつ小説組み立てる。現在、第四章。ストーリーの流れはもうあらまし出来ている。退院までに初稿アップの予定である。
 午後も散歩。3:00にお見舞い。
 お土産のお菓子は食べるわけに行かないのでナースステーションに差し入れして大いに喜ばれる。

5月26日(日)晴れ
 朝6時に起きて後はうつらうつら。
 血糖値 7:30 131
    11:30 146
     5:30 202
     9:00 138
本日の運動。階段往復10回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午前10:00。家族が見舞いに来る。久しぶりに子供の顔見てうれしくなる。一緒に買い物してお茶飲む。妻は明日も食事指導を受けにやってくる。
 昼食後、散歩。帰りに手足が少し震えしびれ始めた。低血糖だ。慌てて近くの自販機で、缶コーヒーの微糖を買い飲む。10分ほどで収まる。
 病院で無糖コーヒーの缶をよく買う。どうしてもコーヒーは欠かせない。ということでインスタントコーヒーとノンカロリーのダイエット用甘味料を購入。

5月27日(月)雨のち晴れ
 朝6時に起きて後はうたたね。
 血糖値 7:30 129
    11:30 147
     5:30  76
     9:00 132
本日の運動。階段往復10回。腹筋100回。スクワット10回。腕立て0回。
 午前中、妻といっしょに食事指導うける。俺の場合、一日2000Kcalなのだが、尿蛋白を考慮して一日に食べられる蛋白質は55gなのである。何よりもこれが苦しい。牛乳も卵も肉も魚も豆もだめ。後、何を食えばいいのですか。とほほ。ついでに塩分もだめ。糖尿食と言うよりも腎臓病食なのである。
 午後、散歩。
 帰ってから、小説にかかる。


5月28日(火)晴れ
 朝6時に起きて後はうつらうつら。
 血糖値 7:30 129
    11:30 147
     5:30 129
     9:00 153
本日の運動。階段往復10回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午前中、いつものごとく散歩。地下鉄の駅3区ほど歩く。医師より血糖値まずまずコントロール出来ていますね、とのこと。インスリンを一日二回にできそうですとのこと。
 午後、外来にて、その言葉どおりインスリン量が変わる。朝ペンフィル30R14単位。夜12単位。目標は投薬でよいようにすることだ。
 夕方散歩。戻ってきて小説書き続ける。夕食後も小説書いている。書いていないときは村上龍「希望の国のエクソダス」を読んでいる。面白い。

5月29日(水)晴れ
 朝6時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30 112 いいねえ
    11:30 131
     5:30 113
     9:00 
本日の運動。階段往復5回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午前中、歩く。本屋を冷やかしながら戻ってくる。午後は少し遠出するかな。
 ということで地下鉄とバスを利用しながら歩く。

5月30日(木)曇り
 朝6時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30 104
    11:30 140
     5:30  92
     9:00 105
本日の運動。階段往復10回。腹筋150回。スクワット0回。腕立て0回。
 血糖値が下がり気分このうえなく爽快。

5月31日(金)曇り時々雨
 朝6時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30 113
    11:30  96
     5:30 127
     9:00  63 ブドウ糖飲んで135
本日の運動。階段往復10回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午後、外来。インスリンの単位変わらず。火曜日の外来で退院の許可を出すとのこと。月曜日はここから会社に顔出すしかない。面倒だ。
 本屋で、ホーガンの「ミクロパーク」購入。本読むぐらいしかやることないよ。本日より腹筋運動に脇腹と下腹部の運動を取り入れた。というのも、上腹部の脂肪はほぼ落ちたためである。すごいことである。
 小説の方は、計算すると65枚見当である。あと章にして二つと思われるので初稿で80枚。最終的には100枚かな。何かに応募しようと思う。
 ※注 このとき書いていた小説は96枚になった。

6月1日(土)晴れ
 朝6時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30  99
    11:30 144
     5:30 137
     9:00  87
本日の運動。階段往復6回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。

6月2日(日)晴れ
 朝7時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30  94
    11:30 137
     5:30 174
     9:00  91
本日の運動。階段往復8回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午前中、「ミクロ・パーク」読み終わる。小説脱稿。81枚。ほぼ十日で完成。一日8枚ペースであった。いやあ感無量。休んでる間に何かを成し遂げたというのは気持ちいいです。ついでに体重も落ちたしいうことなし。推敲重ねて100枚ですな。
 昼食後、家族がお見舞いに来る。散歩に行くが3:30には戻る。

6月3日(月)
 朝6時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30   87
    11:30  141
     5:30  142
     9:00  104
本日の運動。階段往復7回。腹筋110回。スクワット0回。腕立て0回。
 本日より会社へ通う。午前中、妻が来てもう使わないものなど持ち帰る。
 午後12:30出発で16:30まで勤務。

6月4日(火)
 朝6時に起きて後は階段上ったりタバコ吸いながら新聞読んだり。
 血糖値 7:30  106
    11:30  100
     5:30  143
     9:00  106
本日の運動。階段往復回。腹筋100回。スクワット0回。腕立て0回。
 午前中、勤務に出る。11:00まで。午後、外来。
 明日、朝食後の退院決まる。やれうれしや。体重入院時の81キロから77キロに減量成功。もっと下がっているかと思ったが、それほどでもなかった。まだ数キロは落とす余裕あり。退院後も食事と運動続けるぞ。
 ※注 最終的に72.5キロまで体重は落ちた。今はダンベルなどで筋肉量が増えたので、73キロと75キロの間を上下している。

次回は退院後の生活を書いてみる。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-05-22 18:45 | 糖尿病 | Comments(0)