「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

小林よしのり氏が今月の「ゴー宣」の特別版で「占守島攻防戦」を描いた。
よくぞ描いてくれた。
じつは、この話は、このブログでも以前紹介している。

「八月十五日の開戦」池上 司 (著) 角川文庫

まさに知られざる戦記である。
角川書店は、「戦国自衛隊」をリメイクするより、この戦いを映画化した方がよい、と今も思う俺である。
[PR]
by hajime_kuri | 2005-07-26 21:21 | 戦記 | Comments(0)

実は禁煙中

先々週の土曜日から禁煙している。
毎日3箱60本を吸っていたヘビースモーカーの俺。
実は、今年の春から、風邪引いたときの咳がなかなか引かないのである。
頭の中で「慢性気管支炎」とかの言葉が渦巻いていたせいもあったが、先日また咳がひどくて、文字通りタバコも吸えないので、止めちまおう、と思った次第。

伏線として、春から通っている少林寺の道院で、喫煙者が見事なまでにいない、ということと、三週間前に、永年愛用していたZippoのオイルライターを落としたということがある。
スクーターでの走行中に落としたらしく、国道41号線のどこかに落ちてるだろうな。涙。

吸いたくなったときには、ミネラルウォーターを飲む。ガムを噛む。という真正面からの禁煙ですが、意外と続くものなのね。
少林寺の練習などで、一気に汗をかいたときなど、ニコチンの抜けが早いように感じます。
おかげで咳も出ないし、言うことなし。
一番ありがたいのは、タバコ代でお小遣いが減らないこと。また、意外と便利なのは、タバコとライターでポケットがふさがらないことです。
[PR]
by hajime_kuri | 2005-07-24 15:08 | 糖尿病 | Comments(2)
サイクリストにとって走って気持ちいいロードは、何と言っても水際だ。湖岸とか、川の堤防とかね。
日本のサイクリストにとって、琵琶湖と並んで人気があるコース、それが浜名湖だ。
実は、この夏、
「天竜川・浜名湖ツーデイズサイクリングチャレンジ 2005!」が開催される。
9月17・18日。
新しい浜松市、12の地域を駆け巡る水と緑、風のネイチャーライド。
清流と山を駆け巡る山岳コース、湖畔と森林を駆け巡るエンジョイコース、湖畔の花と緑を家族で楽しむファミリーコース。
魅力たっぷりの3コースから、ぴったりのコースを選んでご参加ください。
とのこと。
詳細はここ↓
天竜川・浜名湖ツーデイズサイクリングチャレンジ 2005!
ちょっと、参加してみようかなと思いはじめてる。ということで、ロードレーサー買うかな(って、それかよ俺)。

ちなみに、なぜ最新ニュースかというと、このサイトは俺が制作してアップしたからである(笑)。
制作しながら、山岳コースは俺には無理かなあ、とか内容に気が散ってしかたなかった(苦笑)。
[PR]
by hajime_kuri | 2005-07-20 16:08 | 二輪 | Comments(0)
最近、大江戸づいている読書傾向。
a0003784_2142023.jpg
江戸時代は武士階級に支配され、農民は搾取され、町人は貧乏で、いつでも一揆などの階級闘争が起きる寸前の前近代だ、というのが、俺たちが学校で習ったこと。ところが、この本を読むと、そうではないことが明らかになる。また、同時に、武士階級も商人階級もそろって連を作って楽しんでいた狂歌が、どうして社会の授業では「武家支配の抑圧に対する人民の抵抗手段」になってしまうのか。
大いに考えさせられます。
江戸時代は、のどかだった。俺たちは、戦後、社会主義的な歴史観を持った教員達に間違った江戸時代観を植え付けられていたのだった。先月に引き続き、大江戸ものを読んでいるが、目から鱗が落ちる思いだ。
江戸時代は武士階級に支配され、農民は搾取され、町人は貧乏で、いつでも一揆などの階級闘争が起きる寸前の前近代だ、というのが、俺たちが学校で習ったこと。ところが、この本を読むと、そうではないことが明らかになる。また、同時に、武士階級も商人階級もそろって連を作って楽しんでいた狂歌が、どうして社会の授業では「武家支配の抑圧に対する人民の抵抗手段」になってしまうのか。
なかでも初めて知ったのが、江戸の上水。時期的にはロンドンの水道と同時期だが、その規模と管理など、世界で最初にして最大の事業である。パリよりも早い。市民の識字率なども含めて、江戸時代に、明治維新以降の近代化の礎はすべて完了していたということがよくわかった。

目次

●江戸という時代
江戸との出会い
教科書の江戸時代
元禄という時代
香港と江戸
江戸を見る
外国崇拝大国
江戸の中の近代
●江戸の楽しみ
江戸のファッション
江戸庶民のおかず
江戸のうなぎ屋
遊芸にかけた江戸庶民
江戸の出版事情
拳の話
●江戸の暮らし
江戸川柳と結婚
江戸の農地
木戸の話
無から有は生じない
小判と猫のエネルギー
昔のつくり酒屋
『上水記』を読む――江戸の飲み水事情
●言葉と江戸
西郷銅像の碑文
受け身形にこだわる

江戸のまかない―大江戸庶民事情
[PR]
by hajime_kuri | 2005-07-18 21:43 | 時代 | Comments(0)

Skype導入

ついさっきまで、知り合いのmurboさんと、無料インターネット テレフォニーskypeで話していた。
いや、すごい音質。一般の電話よりノイズも少なく、面と向かって話しているような感覚に驚いた。既存回線業者のIP電話サービスが大攻勢をかけてきていますが、skypeは無料だからねえ。
いや、これは使えますよ。
今度はWEBカメラ接続して、テレビ電話に挑戦してみよう。
[PR]
by hajime_kuri | 2005-07-14 00:16 | WEB | Comments(2)
すごいサイトを発見してしまいました。



作者の方は、ほぼ私と同年代。
東宝映画黄金時代に少年時代を過ごされた。
自主映画をされていて、ストリーミングで配信している。
驚いたのは、「ウルトラQ 第29話」
28話製作されたウルトラQの第29話を勝手に作った自主制作ムービーだが、まさに1966年に制作したように工夫されている。脚本もしっかりしていて、思わずにやりとしたのが、万場目・一平・ゆりちゃん・一ノ谷博士など、セリフと演技が、まさにあの当時。
しかも武田薬品の当時のCMまで入っている。
必見です。
ちなみに当時の作品の映像は一切使っていない。見た覚えのあるシーンも、実はすべて、自分達で再現して取り直している。感心しました。
ということで、勝手にリンクして紹介してしまいました。
昭和30年代前半生まれは、みんなも見ていただきたい。
[PR]
by hajime_kuri | 2005-07-09 11:13 | WEB | Comments(3)