「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

その名も
「プロジェクトX~挑戦者たち~
 ミートホープの挑戦。奇跡の牛肉抜き牛肉風味コロッケ」

メーカーから、もっと安い牛肉コロッケを作れと迫られていた。
思案に暮れていたとき、社長は意外な事を言った。
「牛肉を抜いてみたらどうだろう」
工場長は戸惑った。
牛肉コロッケから牛肉ミンチを抜いたら牛肉コロッケでなくなってしまう。
「無理です。出来ません」工場長は思わず叫んだ。
「俺たちがやらずに誰がやるんだ。俺たちの手で作り上げるんだ!」
社長の熱い思いに、工場長は心を打たれた。肉屋の血が騒いだ。

以下続きは、
編集家・竹熊健太郎さんの、ブログ
たけくまメモにて詳細をどうぞ。

こういった落し文の文化に関しての考察もされていて、面白かったです。
声高な非難より、苦笑を誘うようなやり方が、スマートでいいすね。
[PR]
by hajime_kuri | 2007-06-27 12:28 | WEB | Comments(2)

また壊れちゃったよ

俺のPC。
例の「B.S.O.D.」、ブルー・スクリーン・オブ・デス。死の青窓・・・。写真参照。
ハードディスクを換装してXPを入れ直したところです。
LANアダプターのドライバーが不明とか抜かしやがってネットに繋がらないので、息子のPCで調べまくりましたよ。
ようやく、MBがインテルのD915GAGのOEMだと判明して、インテルのサイトからドライバをダウンロードしたところ。今夜また家にて作業だよ・・・。

ついでに息子が某オンラインゲームのモニターに当選していることが判明。
そんなオンラインゲームのレポートを投稿すると言うバイト(某モンスターハンターです)があったのだが、俺はゲームやらないし、と断っていた。
息子にやらせればよかったな。で半額は俺がピンはねすると・・・。

※いや、普通は、そんなことは控えて勉強しなさい、だろうな。親失格じゃん、俺
a0003784_120122.jpg

[PR]
by hajime_kuri | 2007-06-25 11:57 | PC | Comments(4)

「300」

見てきましたよ。
かっこいいですよ。
アメリカの傲慢さが云々とか、イラクが反発とか言われてますが、そんなのは、きわどい肉体や残酷描写をスタイリッシュにアーティスティックに描写するための後付の理屈に過ぎないということを実感。
また、SinCityのときみたいに、フォトショップで「300」ごっこをやろうと思いました。
お楽しみに。
[PR]
by hajime_kuri | 2007-06-18 18:21 | 映画 | Comments(0)

本編アップ、

murboさんのショートムービー「斬 GHOST BLADE」がアップされていました。




光ってるブレード、すべて手作業とか。
お疲れ様でした。
脱帽です。
QTファイルのみ。
[PR]
by hajime_kuri | 2007-06-18 12:29 | Comments(0)

「パプリカ」

a0003784_9593523.jpg

  医療研究所が開発した他人と夢を共有できる画期的なテクノロジー“DCミニ”が盗まれた。
 すぐに他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生。 事件の解明に挑む美人セラピストの千葉敦子は、クライアントの夢の中へ容姿も性格もまったく違う夢探偵“パプリカ”となって入っていく。
 今敏は、原作やヒロインの設定が上手い。93年に原作の小説を読んだとき、このヒロインは絶対に既存の女優じゃ無理だと思ったからだ。
 むしろ、この役の後、別の役をやってイメージが変わっていくような「生身の女優」を拒否するようなキャラクター「夢の娘」なのだ。
 だから、アニメ。監督は、アニメの可能性と同時に限界も熟知しているから、このような原作選びができるのだ。
 オープニングのタイトルロールを見るがいい。夢と現の境界を浮遊するように、スキップしていくパプリカの何とチャーミングなことか・・・。しかも、BGMが平沢進(ベルセルク)だ。ぐいぐいと、この虚構の中に引き込まれていく。

 登場人物の言葉を引用しよう。
 「ふられちゃったな」
 「パプリカは"夢"の女だ。そうだろう」

 虚構の娘パプリカへの恋は、必ず片思いで終わってしまう。 それは、観客も同様だ。監督自身が、まず筒井康隆のパプリカに恋をしたのだろう。

 この作品を見てはいけない。
 見れば必ず、パプリカに恋をしてしまう。
 絶対かなわない恋をね。

「パプリカ」(DVD)

「パプリカ」著者: 筒井 康隆

※初めての雑誌掲載は1990年の末だから、筒井康隆の先見性はすごい。

パプリカ オリジナルサウンドトラック


(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!
[PR]
by hajime_kuri | 2007-06-07 09:59 | 映画 | Comments(0)