「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ついにPC逝く

最近、PCのファンの音が大きいなあと思ったら、本日勝手に再起動を繰り返した挙句に逝ってしまいました。
休眠中の息子のPCをセットアップして、USB変換ケーブルを利用して、逝ったPCのHDDを接続したのですが、うんともすんともいわない。
2004年からのデジカメの写真、年賀状、管理しているサイト(ま、これはサーバー上にファイルがあるからいいけど)、各種IDとパスワードなどなど。
すっかり心が折れてます・・・。
2007年にHDD]を交換しているから2年強。まあ酷使したからしょうがないや・・・。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-05-12 21:40 | PC | Comments(4)
a0003784_17372031.jpgGWを利用して観てきましたよ、レッドクリフのパート2。
事前にDVDで1を押さえてから行きました。
いやすごい映画だ。古くて恐縮だけど、昭和30年代生まれの俺は、中学高校時代は、「十戒」とか「ベン・ハー」とか「スパルタカス」とか「クォ・ヴァディス」とかのリバイバル上映がきっかけで、ハリウッド製の所謂「聖書」系の史劇ってのが大好きだった。なにしろ金がかかっているから。で、そのころ、どうして日本とかアジアではこのような大作が出来ないのだろうか、世界の歴史は白人だじゃないんだぞ、と残念に思っていたものである。同じような悔しさを感じている映画人もいたようで、大映では「釈迦」なんて映画も作られていたようですが、今ひとつでしたな。
で、この「レッドクリフ」ですよ。1の方は、前哨戦。白昼の中原を舞台に、砂と陽光のもと、リアル「三国無双」を繰り広げております。2では、打って変わって夜の闇の中、風と炎の演出です。このコントラストがいい。60年代なら、「intermission(幕間)」を入れて連続上映になるところだろう。これは世界の映画史に残る作品だな。金城武も中村獅童もいい映画に出たもんだ。
いやしかし、リン・チーリン女史のなんと美しいことか!曹操の気持ち、わからんでもない。また、2では俺の大好きなヴィッキー・チャオ女史も大活躍。2では、この二人が主役級の比重。
音楽もすごくいい。
レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]
※リンクは別ウィンドウで開きます。あしからずご了承ください。

追記
ヴイッキー・チャオの孫尚香は、真・三國無双のイラストそっくりのかわいらしさで、まあ、この映画全体が、「リアル三国無双」だと思ってまちがいないですね。
(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)
1988 獣の歌/他1編
神様の立候補/ヒーローで行こう!
盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2009-05-05 17:39 | 映画 | Comments(3)

「グラン・トリノ」



クリント・イーストウッド監督の「グラン・トリノ」を見てきた。
実に巧みに作られた映画である。朝鮮戦争に従軍した老人の「人生のけじめ」を描いた物語である。
隣のモン族の少年との交流や、監督のマイノリティー(少数民族)に向ける眼差しの温かさなどが言及される作品だが、この作品の本当に凄いところは、このポーランド系の白人移民の老人の人生と、アメリカ合衆国の朝鮮戦争以降のアジアでの政策がきっちりとシンクロしたメタファーになっているところ。
暴力に対して、暴力で対抗したために引き起こされた悲劇(※911の暗喩)に対して、この老人は、観客すらも想像できなかった手段(映画の中で、神父すら想像できなかった方法)でピリオドを打ってみせる。
その、なんと勇敢で、気高いけじめであろうか。
俳優クリント・イーストウッドが、「ダーティ・ハリー」などの過去の作品でまとっているヒーローとしてのオーラすら、この映画の伏線として巧みに利用されている。
印象に残った言葉は、暴力に対して、暴力で対抗しようとする少年の「人を殺したとき、どんな気がしたの」という問いに対して、イーストウッドは一言、「そんなことは知らなくていい」と吐き捨てるところ。
監督は、イラクやアフガンで憎悪の泥沼に入っている祖国アメリカに対して、一つの答を示したのかもしれない。
しかし、この監督、いったい何本傑作を撮るつもりなのだろうか。
あえて、欲を言えば、このようにして旧車グラン・トリノ(アメリカ的民主主義のメタファー)を与えられたモン族の少年(アジアの途上国のメタファー)の「気持ち」までは描かれていない。おそらく作品の軸がぶれるからであろう。この映画は、まさに、アメリカ合衆国の国民に向けた映画なのである。
グラン・トリノ [Blu-ray]
グラン・トリノ [DVD]
[PR]
by hajime_kuri | 2009-05-01 15:30 | 映画 | Comments(2)