「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私はワープロ専用機の時代からのキーボーダーである。手書きの文字が下手というのもその理由なのだが、文章はキーボードで打つ方なのだ。
コラムや書評や下手な小説などを思いついたときにパチパチと打ちたくて、携帯用の文章打ち機を今まで色々試した。
a0003784_22333625.jpg
一番気にいっていたのは、NECのモバイルギア2MC-R520(WindowsCE)で、これは90年代から世紀を越えて昨年まで使い続けてきた。ところが、ついにこれが壊れてしまったのだ。
昨年は、こいつの後継機を探して模索が続いた。
最初に購入したのが、ASUSの初代Eee-PC。悪くはなかった。むしろモバイルギアにすごく近い。ただ、WindowsXPを立ち上げるのが面倒なのだった。


a0003784_2237364.jpg
次に購入したのが、Willcom03(WindowsMobile6)で、これにUSBのキーボードを接続してテキストを打ったのだが、今一つだった。
そして最後が、このPOMERAだったのだ。ついにこれで私の遍歴は終わった。
POMERAの良いところは、とにかく起動が速いこと。スイッチ入れると即起動ですよ。そのかわり、できることは原稿用紙にして20枚程度の文章を打って保存するだけ。ファイル形式は「.txt」だけ。でも、この割り切り具合が個人的には正解だ。勤務先にはノートPCがあるし、自宅にはデスクトップがあるから、出先ではテキストで打っておいて、PCで加工すればいいわけだ。
もう私は、PCと似たようなものと考えず、テキストファイルを加工できるモノクロモニターと折りたたみキーボードのついたUSBメモリーだと考えている。

その割には折りたたみキーボードがとんでもなく使いやすい。あのキーボードに定評のあるモバイルギアを使っていた私が満足できるキーボードなのだ。しかも、日本語入力はATOK。これは、モニターとキーボードとメモリーが付いたATOKとも考えられるわけで、当然ここまで考えると買って悔いなしだ。
この文章も、いつもの喫茶店で、当のPOMERAでパチパチと打ち上げた次第である。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM10シロ パールホワイト
[PR]
by hajime_kuri | 2009-06-30 22:40 | ホビー | Comments(1)
国営漫画喫茶といわれて批難ゴウゴウの、国立メディア芸術総合センター構想だが、もともと読者アンケートなどの厳しい自由競争の中でもまれてきたからこそ国際的な競争力を得ている日本のマンガである。
党の指導の下で作られている中国のアニメが、ちっとも中国の若者の心を捉えていないのと同様、マンガ文化は、体制によって保護されたり指導されたりする性格のものではない
むしろ、赤貧に苦しむ現在の蟹工船のようなマンガ家やアニメーターたちが、安心して創作に打ち込めるような職場環境などに眼を向けてほしいと思う。

ただ、文化としてのマンガの収集・保存・研究ということであれば、京都国際マンガミュージアムのようなあり方もあるわけで、それを一概に否定はできない。指導つきの保護は困るが、文化としての研究や収集や保護は大いに行って欲しい。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-06-09 10:55 | 時事 | Comments(3)
a0003784_1051067.jpgこれは興味深い本だった。アマゾンのオススメメールで知らされた本で、まさにアマゾンさんありがとう、である。
以下、アマゾンの紹介を引用。
「たかがマンガ、たかがアニメ」が中国の若者たちを変え、民主化を促す--? 日本製の動漫(アニメ・漫画)が中国で大流行。その影響力は中国青少年の生き方を変え、中国政府もあわてて自国動漫産業を確立しようとやっきになっているほど。もはや世界を変えるのは、政治的革命ではなく、大衆の意識や行動を生活レベルで動かすアニメや漫画のようなサブカルチャーなのだ!
以上、引用。
ちょうど俺の娘(大学二年生)が第二外語で中国語をやっているのだが、彼女たちの世代は、「スラム・ダンク」と「セーラームーン」の話をすればすぐに中国の若者と友達になれるわけである。
中国共産党は、ディズニーなどのアメリカのアニメには実は十分警戒していたという。というのもそれらのコンテンツには、アメリカ的民主主義のエッセンスが色濃く反映されているからだ。それに反して、日本のアニメには一見政治思想は無縁である。しかし、自由競争で面白さを競い合った日本のアニメやマンガに親しんだ中国の若者は、もう「党の指導」のもとに制作された中国産アニメでは心を動かされなくなっている。何より、日本のアニメは、中国の若者たちを「社会には色々な意見があってもいい」という世界観に染め上げてしまったのである。
ソフトパワーってのはこういうことなのか、と腑に落ちたのであった。
中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす (NB online books)
※リンクは別ウィンドウで開きます。あしからずご了承ください。
[PR]
by hajime_kuri | 2009-06-02 10:05 | 社会科学 | Comments(4)