「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

慰安婦被害者、ぺ・チュンヒおばあさん死去…生存者54人に減少

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/08/2014060800523.html

慰安婦問題で俺が違和感を感じることがある。
支援者の人たちは、老い先短い元慰安婦のためにも早く日本は謝罪と賠償をせよと言っている。
そして、慰安婦問題は人類普遍の人権問題であるとも言っている。
おばあさんたちが高齢であることなのだが、それならば、まずは韓国政府が妥当だという金額で、保障をしてあげたうえで、日本政府に対してその金額と謝罪を請求すればいいのだが、そのような動きは聞いたことがない。
また、アジア女性基金での謝罪と救済を受けようとした元慰安婦に対して脅しをかけて保証金の受け取りを拒否させた挺対協のありようも、「高齢者だから時間がない」という発言と矛盾する。
まるで、おばあさんたちの生活より、韓国と日本との間の対立イシューが消えると困ることの方が重要であるかのような発言だ。まあ、挺対協の背後に親北朝鮮の左派がいるとのことで、それを聞いて、さもありなんと苦笑した。
おばあさんたちの証言がほころび始めたため(※)、最近では、女性の人権問題に争点をすり替えようと必死だが、これもまた違和感がある。(※クリスマス休暇にまで日本兵の相手をした等、朝鮮戦争の時の韓国政府が集めた慰安婦と思しき証言など)
女性の人権に対して遅れていた日本が売春を法で禁じたのは1950年代である。
女性の人権に敏感で、日本軍の女性の人権蹂躙を上から目線で非難する「人権先進国」の大韓民国が、議会で売春を禁じたのが2004年である。
これまた苦笑せざるを得ない。
2009年、韓国系アメリカ人の元慰安婦らが米兵との性的行為を1960年代から1980年代にわたり強制されたとして、米軍と韓国政府に対して損害賠償をもとめてアメリカで提訴した(在韓米軍慰安婦問題)。原告の慰安婦らは韓国政府は米軍のためのポン引きだったと批判している。
韓国内でも、謝罪と補償を求める女性たちもいるが、韓国最高裁は売春である不法行為に基づく損害賠償請求であるとして棄却している。
日本に対して人権を叫ぶほど人権を重視しているのに、彼女たちを支援する韓国民の話も聞いたことがない。

韓国人にとって、日本を敵としない戦いは、興味がないのであろう。
韓国人にとっての慰安婦問題は、サッカーの対日本戦と同じく、対日劣等感と愛国心を慰撫するマスターベーションと同じなのである。

慰安婦問題に対する対抗法として、個別の論破も重要だが、この韓国人の異常な対日ルサンチマンを世界に発信する必要もあろうかと思う。
(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2014-06-08 20:54 | 時事 | Comments(0)