「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 私は少林寺拳法を修行した経験があるので、映画やドラマと言った映像作品でもアクションが大好きである。ブルース・リーによって世界の映画シーンでアクションが革命的に変わっていくのをリアルタイムで見てきただけに、小説という作品世界に中でアクション、特に格闘を描写することに関しては、研究と工夫をしてきた。
 一般の人は、映画やゲームなどの映像による格闘を見てしまうと、言葉による表現に限界を感じるかもしれない。だが実は、言葉による表現でしか伝わらないものがある。


 喉に流れ込む血をごくりと飲み込むと、鼻の奥から、ぷんと鉄の匂いがする。

 これは、私の「自転車の夏」という作品から引用したが、鼻に正拳突きを食らって鼻血が出たときの感覚である。
 ほかにも同様の感覚で言えば、顎の横の三日月という急所に下から掌底で突きを食らった時(アッパーカットですね)、痛みは殴られた顎ではなく、頭蓋骨の対角線上の反対側、こめかみより5センチほど上の部分に感じる。ここを殴られたような痛みがあり、これは顎から入った衝撃波が「抜ける」ポイントなのである。
 また、水月(すいげつ、みぞおちのこと)という急所を殴った感覚は、相手が息を吸う絶妙のタイミングで決まると、手首までめり込んだような感覚がある。
 といった格闘者の「感覚」の描写は映像では無理だ。まず、体験したことがなければ思いつきすらしない。

 このように、言語側からも映像側からも不得手な部分があるのだ。そして、それを乗り越えて表現するのがまた楽しいのだ。

 1970年代の平井和正氏のウルフガイシリーズは、1980年代に湧きおこる伝奇バイオレンスアクションの書き手たちの教科書ともいえるべき作品だ。文字による表現だが、今読んでも目の前にありありとシーンが浮かんでくる。また、大藪春彦氏の「銃」や「車」の描写のリアルさは、やはり実際に体験習熟した者にしか書けないものがある。

 私自身も、作品を読んだ空手の有段者の方から、「この描写は実際にやった人しか知らないもので、本物だと思いました」と言われ、作者冥利に尽きると思ったことがある。

 表現の工夫は面白い。

小説指南 | Cyta.jp

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編
[PR]
by hajime_kuri | 2014-09-25 23:15 | 小説指南 | Comments(0)
a0003784_23135910.jpg

AmazonのKindleストアでの作品集の第三弾がアップされました。
今回は、90年代前半から2000年代前半にかけての、いわゆる「奇妙な味わい」系の作品です。

内容紹介

「盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)」
 18歳を目前にしたお盆の夕食で、仁は 「明日のお参りにはお前も来なさい」と、父から告げられる。同じクラスの中にも、もう「お参り」をしている者が何人かいた。話によれば長男は兄弟の中でも比較的早く「お参り」に連れていかれるのだという。果たしてそのお参りとはどのようなものなのか。

「毛布の下」
 少年時代の夏休み、あの空き地の廃屋で見た腐った毛布の下にあったのは、噂の通り、殺された少年の死体だったのだろうか。

「尋ね人」
 週一回のペースで、1年近く掲載され続けている尋ね人広告。事故死した前任者の葬儀で出会った美しい母娘に秘められた悲しい宿命が、広告マン西本を翻弄する。

この本は、Kindleオーナー ライブラリーの対象タイトルです。Kindle端末を購入し、Amazonプライム 30日間無料体験に登録すると、無料でお楽しみいただけます。

また、9/17から5日間、無料ダウンロードキャンペーンを実施しますので、ふるってダウンロードください。

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編
[PR]
by hajime_kuri | 2014-09-15 23:09 | 俺の作品 | Comments(0)

描写で語れ

先日、テレビのインタビューで松任谷由美さんが示唆に富んだ話をしていたので、その話題。

ユーミンは、恋の歌を作る際の取材(みんなから恋話お聞くことな)で、恋の現場のディテールを聞き込むと言っていた。何故なら、「私は歌の中で描写するんです」とのこと。そこで私は、はっと気づいたわけだ。

 実は、先日25歳になる長女が「何で、80年代や90年代のJ-POPってあんなにいい歌が多いんだろう」と言っていた。私も、最近の日本の歌って、ぴんとこないよな、年をとったせいだろうか、特にJーRAPなんて何がいいのかさっぱりだ、と感じていたのだが、このユーミンの「描写するんです」の一言で、一気にそのあたりの謎が解けた。

 これは以前、このブログの「描写と説明」でもふれた、シナリオ作法での「描写で語れ」ということにほかならない。
 小説で言うならば、「心象風景の描写」である。人物の心を通した情景の描写で、人物の心を語るわけだ。その時の気持ちによって、雨は「冷たく無慈悲」にもなれば、「優しく悲しみを癒してくれたり」もするわけだ。

 ひるがえって昨今の流行歌はどうだろうか、悲しいときには「悲しい」と、落ち込んだ友人には「がんばれよ」と、好きな相手には「愛している」と直接叫びまくっているわけだ。「叫び」という表現は、ここぞという時に使うからこそインパクトのある表現である。

 ユーミンは、分かれた恋人を回想する寂寥感と懐かしさを、「寂しい」と言葉にせず、そのかわりに、窓にかざしたグラス越しに「ソーダ水の中を貨物船が通る」と描写するのだ。
 中島みゆきは、悲しむ友人に、「おまえを守る!」と叫ぶかわりに、心の中で「君が涙の時には、僕はポプラの枝になる」と決意するのだ。

 小説を書こうと志す人は、このような表現に敏感になってほしい。


小説指南 | Cyta.jp

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編
[PR]
by hajime_kuri | 2014-09-15 14:48 | 小説指南 | Comments(0)