「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

  以前もこのブログで触れたが、昔書いたハードボイルドミステリーをリメイクしている。
 小さな広告会社の新人営業マンだった26歳の頃に、背伸びして書いた作品を全面的に書き直しているわけだ。
 当時は、矢作俊彦氏や大沢在昌氏といった、その後の日本のハードボイルドに新風を吹き込む作家が次々に登場した直後である。また70年代後半から、マンガの世界でも、谷口ジロー、平野仁といった私の大好きな作家がハードボイルド作品を発表していて、大学時代にマンガを描いていた私は、もともと「事件屋稼業」みたいな作品が「描き」たかったのである。
 小説を書き始めるきっかけは、「描き」たかった作品を「書く」ことにしたわけで、それが大学四年の卒業直前のことだ。
 だから私は、高校のころから小説を書きはじめましたというような文学青年ではなかった。人間の内面を見つめたり、社会問題に心を痛めるタイプではなく、「面白い物語」を希求するエンタメ系だった。

 当時、広告会社に就職して3年目。軽佻浮薄な業界の水が私に合っていたせいか、リアルの日常が楽しすぎて3年ほど小説を書いていなかった。
 小さな広告会社で、地元スポーツ新聞の求人広告なども扱っていたため、普通の日刊紙には載せられない求人広告や営業広告も取材することがあり、いろいろ面白い体験をした。その中で、フィリピンから日本に出稼ぎに来る女性「芸能人」(当時はじゃぱゆきさんと呼ばれていた)をプロモートするプロダクションの求人広告を扱う機会があり、その裏側をのぞくことができた。芸能人と言ってもシンガーやダンサーで、そのプロモート先も地方の温泉旅館やキャバレーなど。ちょうど、海外からの出稼ぎが始まってすぐの時代で、フィリピンがまだマルコス大統領の独裁時代である。かなりダークな部分も見ることができて、私は、これを元に小説を書こうと思ったのだ。
 この時期の体験には、実は、もっと危ないケースもある。部下の広告掲載トラブルで、暴力団関係者からの強請りを撃退する、未払いの広告費を回収するためにサラ金並の手法を駆使(貸金業法の改正で禁止された、大声、張り紙、夜討ち朝駆け、張り込み、監視など、すべてやったことがある)するなど、これはこれで、作品化してみたい。

閑話休題。
 ハードボイルドというスタイルは、極力、客観的に語る。感情を交えずに事実だけを描写していく。本来は、主人公の喜怒哀楽や、論評などは語らないものだが、実は、その語り方・描写の仕方でイメージを作ることはできる。
  例を上げると、私の好きな作品・生島治郎氏のデビュー作「傷跡の街」だ。この作品の冒頭は、次のような風景描写で始まる。

以下引用

 河は濁っていた。いつも濁っているのだ。

以上引用

 これだけで、これから語られる物語が、ほろ苦いものであることが予感できるではないか。そして、語り手である主人公の皮肉で醒めた目線すら感じられる。
 描写する風景を、「行き交う人々」でも、「きらびやかなネオン」でもなく、「濁った河」をチョイスする段階で、物語のイメージが決まるのだ。

 こういう手法は、一種の印象操作だが、実は日常的に目にするものでもある。
 反対意見が、100人のうち15人だった場合、「賛成多数で可決された」と報じる新聞もあれば、「可決はされたが、反対意見も少なくなかった」と報じる新聞もある。同じ現象を語りながら印象は正反対になる。

 若い頃の作品を書き直しながら、こういった技巧を意識して作品を書くのが楽しかった26歳の頃を思い出している。


小説指南 | Cyta.jp

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編
[PR]
by hajime_kuri | 2014-10-26 11:34 | 小説指南 | Comments(0)

台風19号のおかげで完全オフの1日になったので、ハードボイルド好きの方から借りたDVDで一人自宅ロードショー。映画はロマン・ポランスキー監督の「チャイナタウン」だ。
当時高校2年生の私は、まさに「キネマ旬報」を買い始めたばかりの映画少年だったが、この映画は見る機会のないままだったわけね。
白黒時代のフィルムノワールをよく再現していて、とってもおしゃれ。タイトルロールのタイポグラフィーや、けだるいテーマ音楽で、一気にハードボイルドな気分になる。
ジャック・ニコルソンいいわ。独特の色気がある。また、悪役のジョン・ヒューストン、役者としてもいいなあ。

ちょうど今、昔書いたハードボイルドミステリーをリメイク中(kindleで公開予定、乞うご期待)なので、この気分のまま原稿書きに戻ります。はかどりそうですわい。

チャイナタウン [Blu-ray]

チャイナタウン 製作25周年記念版 [DVD]

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2014-10-13 10:27 | 映画 | Comments(0)
 小説を書き始めて最初の5年間ほど、私は原稿用紙に書いていた。まだ、パソコンはおろかワープロ専用機すら登場していなかったからである。当然、そのころの作品はデジタルデータではない。読み返すこともなかったのであるが、先日、当時の原稿が出てきた。ハードボイルドスタイルの探偵小説である。
 最近知り合いになり、私の作品の熱心な読者になっていただいた方がいるのだが、その方が滅法ハードボイルド小説が好き(ハメットやチャンドラーを原語で読むぐらい好き)なので、「僕も大好きで、小説を書き出すきっかけになったぐらいです」と言って、その若書きの作品を読んでもらった。
 コンテストでは二次予選落ちしたその作品が、意外や好評で、「面白いですよ、ぜひ出してくださいよ」と言われた。自分でも読み返して「粗い点があるけど悪くはない」と感じたので、まずはデータ化しておこうと、入力し始めたのだが、タイプしているうちに直しを入れながら、結局リメイクしている自分がいた。

 読み返して、当時は気づかなかった自分の欠点がよくわかる。今回は、少し長くなるが、それに関して書こうと思う。

 若い頃の私の欠点は、どんどんとストーリーを進めたくて、しっかりと描写しなくてはいけない部分を、簡単な説明で逃げているところである。

 例を上げてみよう。行方不明の女を捜す探偵が、あるマンションの住人を訪ねるシーンである。

 まずは26歳の私が書いたシーン。

 一階の郵便受でルームナンバーを確認した上でエレベーターに乗る。ペンキの剥げた壁面に、釘でひっかいたような落書きが無数にあった。ほとんどが性的なもので、ところどころに「ヤクザ出て行け」と言う文字が書いてある。ここは安アパートではない。しかし、精神的スラム街であることは確かだった。

 次が、現在の私が書き直したもの。

 一階の郵便受でルームナンバーを確認してエレベーターホールに向かう。ちょうど降りてきたエレベーターが開くと、だらしなくジャージを着た若い女が両手にゴミ袋をぶら下げて出てきた。欠伸をしながらビーチサンダルを引きずるようにして歩いている。起き抜けのホステスだろう。
 女と入れ違いにエレベーターに乗り込むと、八階のボタンを押した。ところどころペンキの剥げた壁面に、釘でひっかいたような落書きが無数にある。ほとんどが性的なもので、ところどころに、やくざ出て行け、というような文字が書いてある。ここは安アパートではない。しかし、精神的スラム街であることは確かだった。


 比較すると、描写を書き込んだ方がよくマンションの様子がわかるよね。飲み屋街に隣接し、水商売関係の住人や。暴力団関係の住人が集まって荒みきったマンション。また、それを見る探偵の皮肉で醒めた目線も併せて感じさせるようになっていて、探偵の性格も読者には伝わるわけだ。

 自分の欠点は、なかなか自分では気づかない。
 自分ではわかっているつもりの作品世界が、本当に読者に伝わっているか?
 私は、小説修行仲間の指摘で気づくことができた。

 どうして私の作品はいつも予選通過どまりなのだろう、とお悩みの方は、一度無料体験で作品を拝見させていただきたい。自分では気づかなかった欠点がわかるかもしれない。

 どれだけストーリーを進めたくても、我慢してしっかりと描写しなければならない。今回の教訓は、「説明に逃げずに描写せよ」ってところかな。

小説指南 | Cyta.jp

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編
[PR]
by hajime_kuri | 2014-10-11 11:45 | 小説指南 | Comments(0)