「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 小説内で描くキャラクターの心は、すべて作家の想像である。男も女も子供も大人も、場合によっては人間以外の生物ですらすべて作家の脳内の産物だ。だからこそ、作家は他人の気持ちを想像できる能力が必要なのである。
 常々感じていることがある。この他人の心を想像する力が、今の日本では衰えているのではないか?

 さて、桑田佳祐氏である。昨年の紅白歌合戦の曲を中継される前のパフォーマンスで、紫綬褒章をジーンズの尻ポケットから取り出してオークションにかけるような発言をした、として大きな非難を受けている。

 桑田氏は私の二歳年上のはずで、あの年代の人の天皇制や保守政党に対する感覚、平和観は理解できるし、一部共有もしていた(←過去形・苦笑)。だから私は、桑田氏が「叙勲を拒否」していればなんら問題はなかったと思う。叙勲をした上で、あのパフォーマンスは無いだろうと思うのだ。

 そもそも日本人にとって叙勲とはどのようなものなのか。
 私の父は七十七歳で他界したが、晩年は公立高校の校長を務めていたので、死後ではあるが、瑞宝小綬賞を受けている。母は、父と一緒に苦労してきたので、その叙勲をことのほか喜んだ。「父さんの人生が報われた」とまで言った。よほどうれしかったのか、会う人毎に「叙勲、叙勲」と話すので、私は「先生がすべて叙勲するわけではない、大多数の人は叙勲とは無縁の人生を送っている。嫌みになるから、こちらから叙勲の話をするな」と少し手厳しい忠告をしたほどである。母も父も学校の教員で、いわゆる「リベラル」だった人である。その母にとってすら叙勲とは特別なことなのである。

 桑田氏が尻ポケットから出した勲章を、母は額装してテレビモニターの横のサイドボードに飾っている。そのテレビで、桑田氏の振る舞いを聞いた時、母は小さくため息をついた。
 権威を小馬鹿にするポーズを取って、アーチストとして受けを狙ったのであろう。だが、それは、名声とも富とも無縁に、社会に貢献する人生を送ってきた、無名の市井の叙勲者たちの人生そのものを小馬鹿にしていることになると、なぜ気づかなかっただろう。

 これは桑田氏だけの問題ではない。1970年代、平和を訴え自衛隊を違憲と主張する知識人・教員・芸術家たちの振る舞いは、自衛官の家族、特に子供たちがどのような気持ちになるかという想像力を欠いたものだった。

 体制に反対する知識人・ジャーナリスト・マスコミ・芸術家達に共通するのは、「目覚めている自分たちが、だまされている大衆を啓蒙してやる」という上から目線の傲慢さである。それが、他人の気持ちを想像する力の欠如につながっているのではないか。

 野党に票が入らないのは、投票率や選挙区の問題だけでなく、「リベラル」の傲慢さに対して多くの国民が反感を持っているからであると気づいてほしい。

 私は桑田氏の音楽が嫌いではないし才能も認めている。ただ、富と名声を得た彼が、無名の市井の日本人の感覚とは遠いところに立っていることがわかり、残念な気持ちになった。

小説指南 | Cyta.jp

(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2015-01-13 19:41 | 小説指南 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。
Kindle本の第四弾を出版。
「薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏」
です。

以下、あとがきの引用

「薔薇の刺青(タトゥー)」、執筆当時の思いで

 「薔薇の刺青(タトゥー)」は昭和六十年ごろに書いたものである。ちょうどフィリピンからの出稼ぎ女性が増え、社会問題になりはじめたころで、前年には長野県佐久市の公営プールで、フィリピンの風俗嬢からエイズが移るなどという噂が流れた事件があったりした。
 三流広告会社の営業だった私は、求人広告の取材などで夜の街に出入りしていて、こういった外国人女性を斡旋するプロダクションなどの実体も実際に目にしていた。一人称スタイルのハードボイルド小説を書いていた私は、コンテストに挑むにあたり、この社会問題を取り上げたわけである。
 当時は、広告業という軽佻浮薄な業界が肌に合い、週末の休日は、夏はダイビング、冬はスキーと、若い社員同士で遊びまくっていた。楽しい日常ではあったのだが、「小説を書く」という仲間がいなかったため、心の奥底ではいつも孤独感を感じていた。弾けていても、本当の自分ではないという感覚を自覚していた。
 その孤独感と、世間を斜に眺める醒めた視点が、作品に濃厚に反映されている。それが作品世界にぴったりとはまっているのだ。
 その後、私は小説修行仲間と出会い、妻と出会い、子供が産まれ、当時のような孤独感はなくなった。もう「薔薇の刺青(タトゥー)」のような作品は書けないと思う。
 作家の大沢在昌氏は、ハードボイルドミステリーとは、観察者(探偵)の孤独を描く作品だ、と語っている。けだし名言である。
 私にとっても「薔薇の刺青(タトゥー)」は愛着のある作品になった。この作品のリメイクを薦めてくれた友人に感謝している。

「自転車の夏」のころ

 この作品の主人公・栗本肇は、作者・栗林元の分身である。ただ、作者が4年間の大学時代に見聞した体験を、新入学生の四月から九月の半年に凝縮して描いている。
 まるで軍隊を思わせるような体育会に身をおいて、貴重な四年間を無駄にしたのではないか、その四年間にもっとやっておくべきことがあったのではないか、という疑念は、就職した後も私の心に重くのしかかっていた。
 当時の事を冷静に作品化できると思えたのは、ちょうど三十歳を過ぎたころだった。一ヶ月ほどで初校を書き終えた。書き終えて、「ああ、あの四年間、本当によかった」と思えたのだった。すべてに対してよかったと思えたのだ。
 かつての青春物語では、主人公はスポーツや文学で成長した。井上靖の「夏草冬濤」「冬の海」などがその最高峰だと思う。だが、昭和五十二年の主人公は、少林寺拳法とマンガで成長するのだった。七十年代の青春がここにあると思う。私にとっては、かつて文学雑誌が担っていた役割を、マンガ雑誌の「ガロ」が担っていたのだった。かつては、詩や小説や演劇などに向かっていた若者の表現欲求が、マンガに向かっていった時代、それが七十年代だった。
 そんな自分の青春時代を再発見・再評価する作業が、私にとっては「自転車の夏」を書くことだったのである。
 この作品は、母校の愛知大学と少林寺拳法部に感謝を込めて書いた作品だが、同時にマンガを描くことに情熱を傾けたことのあるすべての人に捧げる物語でもある。


(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編


[PR]
by hajime_kuri | 2015-01-04 02:10 | 俺の作品 | Comments(0)

電子パブ第2号

印刷するときは、「小冊子」「右綴じ」を選択すると、なかなかいいブックレットができあがります。

内容は私の『薔薇の刺青』と弾射音さんの『わが手は翼 われは鳥』、murbo氏の『機械恐竜現る!の作り方』が揃って第二回目。『薔薇の刺青』は今回で連載は締めて、続きは近日発行の電子本でどうぞ!という、まさにお知らせ電子フリーペーパーならではの展開。
murboさん制作の付録の機械羊のARにちなんで弾射音さんのショートショート『アンドロイド羊は電気人間の夢を見るか?』を掲載しています。
これはアマゾンからKDPで発売中のぱおにゃん? 弾射音ショートショート集Vol.2に収録されています。


(広告)
作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編


[PR]
by hajime_kuri | 2015-01-01 09:59 | 俺の作品 | Comments(0)