「ほっ」と。キャンペーン

「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

書き直しは躊躇せず

 みなさんは小説を書いていく上で、どの程度の書き直しをしているだろうか。

 特に長い作品を書いている途中で、作品を書き直したくなることがある。それは必ず筆が止まったときや、物語後段の展開に迷ったときに訪れる。

 物語の冒頭からしばらくは、文体(語り口)なども固まらず手探りで書いている。作者自身の中に迷いなどもある。作品を書きながら、思いに決着をつけていくわけだ。
 同時に冒頭は、物語全体のトーンを決める部分でもある。
 半分以上書いてくると物語のトーンや語り口が練れてくるので、冒頭執筆時とは否応なく変わってくるのだ。特に技術的に進化途上のキャリアの若い作家ほどそう。
 また、下記ながら思いついたことを、冒頭にさかのぼって伏線として張ったりもする。それがなければよい作品にはならない。

 そんなときは、逐一冒頭から読み直して修正や加筆訂正をしていく。
 原稿用紙に万年筆の昔と違い、今はPCの電子データで加筆も簡単だ。私も、原稿を加筆修正する度に印刷アウトプットして確認するのだが、一章で六回ほど書き直していた。

 書き直して完成形に近付くほど、後段の執筆速度が速くなる。この書き直し作業は「必要な手順」なのである。
 みなさんも、書き直しは躊躇せず何度でもリトライしてほしい。



小説指南 | Cyta.jp


(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
小説指南
[PR]
by hajime_kuri | 2016-06-29 21:06 | 小説指南 | Comments(0)