「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri
って、これ俺の書いた作品じゃん。
ま、たまには自分の作品のPRってことで(笑)

1977年。軽佻浮薄の80年代を目前にした大学キャンパスで、新入生・肇は少林寺拳法部に入部した。体育会の最右翼と言われる武団連合の、その中でもさらに過酷といわれた少林寺拳法部である。青春の蹉跌や、淡い初恋や、あるいは若さにまかせた官能の日々とはまったく無縁の、大爆笑の日常。いわゆる「青春」に真っ正面から取り組んだ作品。

ってことになってます。

「自転車の夏」

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-26 23:19 | 俺の作品 | Comments(10)
 ちょうど今、このサイトでフラゼッタ特集やってます。
幻想美術館

 フラゼッタの絵だけで、その本なりコミックスなりの価値が5割ほど増してしまうというアーティストです。
 思えば、フラゼッタの絵が付いているだけで、しょうもない出来のLPやコミックスを買ってしまったものですよ、80年代。
 当時は、「ヘビーメタル」とか「1984」とか「イーリー」「クリーピー」といったSF・ホラー系のコミックスを丸善なんかで買いあさってました。
 今でも、携帯の待ち画は「バンピレラ」です、俺。
-----------------------------------------------------
VAMPIRELLA と VAMPI のファンサイト
当然私はVAMPIRELLA の方が好き。
VAMPIの方ってすごくジャパニメーションだもんね。

↓フラゼッタの画集
Legacy: Selected Paintings and Drawings by Frank Frazetta
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-26 22:58 | art | Comments(12)
a0003784_233011.jpg 恋愛もの、とか初恋ものといわれる小説には、極めて冷笑的な態度を取るひねくれ者の私が、さめざめと涙してしまった小説である。17歳の明史(あけし)と、通学路で出会った髪の長い美少女15歳の棗(なつめ)の1年間の出会いと別れを描いている。舞台は戦後すぐ、でもそんなことは関係ない、この物語には誰もが通過した「ささやかな初恋」と通じる普遍性があるからだ。
 中学生の棗は春から明史の高校に通うことになっている。

 「お友達になってくれる?」
 「お友達?」
 「さよならはできないもの…私たち」
 「毎日会って、同じ学校に通って、お互いに好きで、そして丘には行けないで…お友達?」
 「地獄だよ、そんなの」
 「なれると思う…」
 「……」

 ここで俺は泣いてしまった。

More つづきを読む
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-25 23:31 | 青春 | Comments(13)

井上靖の自伝的三部作



 個人的にはビルドゥングスロマン(教養小説・成長物語)の最高峰だと思っている。
 主人公洪作の湯が島での幼少期が「しろばんば」、沼津での中学時代が「夏草冬濤」、そして柔道に夢中の高校受験浪人中が「北の海」である。





 「しろばんば」は教科書にも載っていたりしておなじみだろうが、高校生の時、なんで「しろばんば」なんだよ、と思ったものだ。中学生や高校生なら絶対に「夏草冬濤」や「北の海」の方が面白いし興味を抱くはずだからだ。






 大事件が起こるわけでもなく、淡々と物語は進行するが、洪作を取り巻く友人達の生き生きとした姿が実に魅力だ。あの頃の学生達って本当にいい。その仲間達の中で、読者はもう一度、青春を体験するのだ。
 私は、この作品群に魅了されて武道がやりたくなり、大学で少林寺拳法部へ入ったぐらい。で、酒飲んで寮歌を歌うようなアナクロな青春を送ってしまったわけだ(笑・1977年だからね)
 作者・井上靖(当然、洪作のモデル)が練習した、第四高等学校(現金沢大学)の武術道場「無声堂」が、愛知県犬山市の明治村に移築保存されている。


 自宅の近くなので、私は時々、そこで旧制高校の青春に思いを馳せてみるのである。

↓アマゾンへGO!
しろばんば新潮文庫
夏草冬涛 (下)新潮文庫
北の海〈上〉新潮文庫
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-24 23:41 | 青春 | Comments(2)
a0003784_23752.jpg表紙画像はない。すまん。かわりに主人公の銃ね。

 ベトナムで狙撃兵としてマークスマン勲章を与えられたほどの活躍をしたマック・ボランが故郷に帰ると、家族はマフィアに殺され、妹は辱められていた。ボランはマフィアに潜入し組織を壊滅させる。だがそれは、マフィアとの闘いのほんの第一歩にすぎなかったのだ。

More つづきを読む
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-23 23:08 | ミステリ | Comments(0)
a0003784_121639.jpg 文芸評論家から出発し、「オカルト」や小説「宇宙パンパイヤー」などでも有名なコリン・ウィルソンの極めて初期の作品である。
彼が「アウトサイダー」などで提唱した実存哲学的な興味から「殺人事件」の研究を始めるスタート的な書である。
 20世紀に入ってからの殺人事件は精神的な傾向が強くなった。彼は、それを現代の社会と個人の関係から考察している。
 当時はまだ極めて希だった「動機のない殺人」。すべての芸術はある意味「閉じこめられた精神の脱獄」の試みだと言われる。「動機のない殺人」の中にはこの「精神の脱獄」の粗雑な現れであるものがある、というのに思わず納得させられるものがあった。

More つづきを読む
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-22 12:17 | 社会科学 | Comments(3)

 私は、自分のサイトでレトロな建物や光景を収集する「大東海昭和写真館」というのをやっていた(いや本当は、まだやっているんですが、ここ一年以上更新していない・笑)。
 その中で取り上げた「伊信ビル」が最近取り壊されて新しいビルになってしまいました。ということで、その昔の姿をこのブログの方に残しておこうかな、と考えたわけだ。
 ついでに、レトロというカテゴリを作って、自分で見つけたものを上げていこうというわけ。

昭和8年築、設計は巻坂事務所、施工は大林組だ。
階段に残る大理石の飾りなどすばらしいものがあったのだが、残念ながら撮影していない。大空襲に際しても、焼夷弾をはじき返して健在だったというビル。
この姿が見られないのは、ちょっと寂しい。

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-21 18:21 | レトロ | Comments(0)

Scooterって乗り物

a0003784_17579.jpg
 せっかく二輪というカテゴリを作ったのに投稿がないのは寂しいので、普段二輪に乗っていて考えたことを書いておきます。
 写真は俺の愛車ですが、本当に流行ってますね、ビッグスクーター。2年ほど前から毎朝の通勤で何台も見かけるようになりました。
 以前はこの手のスクーターは親父(俺もそう)が乗るものと決まってました。オートマチックで運転が楽だから。ある意味、車より楽ですよ。まあ、走りもそれなりで、バイクのような急加速は無理だし、カウルでフルパッケージされててメンテも難ありですが四輪よりは多少スポーティーなイメージはあります。

More つづきを読む
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-21 17:58 | 二輪 | Comments(4)
a0003784_61837.jpgマンハッタンの写真ギャラリーである。
写真のクォリティもさることながら、Flashの使い方が実にスマート。
景観は写真のフレームで切り取ることにより、はじめてアートになるのだなあと思ったよ。

http://www.elmnt.com/ny01.html
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-21 06:19 | WEB | Comments(0)
a0003784_23912.jpg みなさんは鶴見騒擾事件をご存じだろうか、歴史の教科書には出てこない。私もこの作品を読むまでは知らなかった。
 大正14年12月21日、東電東京火力発電所の工事請負をめぐるトラブルから、二つに分かれたとび職や土木作業員たちが組織的に興した闘いである。いわば喧嘩なのだが、その規模はもう戦争だった。
 双方合わせて2000人超、ツルハシ・スコップは言うに及ばず、竹槍、拳銃、猟銃、カービン銃、ダイナマイトなどで戦ったのだ。午後に始まった闘いは、深夜にまで続き、市民を巻き込んだ暗夜の市街戦になったという。

More つづきを読む
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-20 23:10 | ドキュメント | Comments(0)
 映画の三部作が完結し、今や映画界の話題はこの「指輪物語」一色である。
 実は私の大学時代にもこの指輪ブームがあった。もっぱらアメリカの西海岸が中心で、「ガンダルフを大統領にしようキャンペーン」などが話題になったが、当時まだなじみの薄いファンタジーというカテゴリのせいで、日本ではサブカルチャー扱いであり、せいぜい「スターログ日本版」(ツルモトルーム出版)とか「SFマガジン」が取り上げる「静かなブーム」といったところだった。アニメ化に挑んだのもラルフ・バクシで、考えてみるとやっぱりサブカルだなあ(笑)。

 指輪物語の出色なところは、主人公をホビット族にしたところである。

More つづきを読む
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-20 11:37 | 映画 | Comments(1)
a0003784_23380.jpg 作者のデビュー作である。山梨の地方出版社(作者が社長)から始まって中央の出版社から文庫化されるという、出世魚のような作品である。
 通称八馬鹿村(やつばかむら)と呼ばれる因習の村に伝わる奇妙な子守唄。その子守唄に合わせた「見立て連続殺人事件」の物語である。舞台には「獄門」寺というのも出てきますな。
 物語冒頭、村を見下ろす鬼首峠(おにくび、「おにこべ」じゃないよ)にキンダイチという探偵が現れる。小便をしているのである。そこに通りかかった一人の老婆、「はい、はい、おりんでごぜえやす」と書いただけで、もう横溝正史の一連の作品が脳裏によみがえるはず。そりゃあもう全部読んでますよ私は。
 この作品は、金田一耕助シリーズの本歌取り、いわゆる上質のパロディである。元ネタを知っていればおもしろさ三倍増だ。しかし、パロディだからという甘えに乗っかった作品ではない。ちゃんとミステリとして立派に成立している。ミステリとして面白い。
 横溝正史の作品はみんな読んでしまった、もう新しいやつは読めないんだ、と諦めている読者の方に、この作品をお薦めする。ちなみに、この探偵の四季は、秋と冬も存在し、それぞれホームズものと「Yの悲劇」などクイーンもののパロディになっている。
探偵の夏あるいは悪魔の子守唄創元推理文庫←アマゾンへGO!

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
# by hajime_kuri | 2004-02-19 23:38 | ミステリ | Comments(0)