「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「木枯し紋次郎 赦免花は散った」(笹沢佐保)時代小説文庫

a0003784_65614.jpg ドラマで一世を風靡した、おなじみシリーズの第一作だ。
 『赦免花は散った』は、紋次郎がこの世でただ一人、気を許した兄弟分、日野の左文治の身代わりで三宅島に島送りになるというところから始まる。その時、紋次郎には密かに慕うお夕というかたぎの娘がいた。しかし、流人船が出ようとしたとき、お夕は橋から身を投げて自殺してしまう。自分のためにかたぎの娘を死なせたことに紋次郎は苦しむ。
 三宅島での紋次郎の心の支えは、誰の子かもわからぬ子を身ごもった、同じくお夕という名の女囚の面倒を見ることだ。死んだお夕の供養のつもりである。しかし、その女も身を投げて死んでしまう。それを機に、紋次郎は誘われていた島抜けに加わり、江戸に戻る。するとそこには、死んだはずのお夕の姿が……。




 赦免花とはソテツの花で、この花が咲いた年には刑期を終えた者を迎えに来る赦免船が来ると信じられていた。裏切りがばれて「おなかの中に左文治の子がいる、左文治を切らないで欲しい」と嘆願するお夕に、紋次郎の脳裏に、父無し子を抱えて身を投げた三宅島のお夕の姿が浮かぶ。
 「赦免花は散ったんでござんすよ」
 そう呟いて紋次郎は左文治を切る。

 救いのない話である。しかし、面白い。たった一人で、何かにせき立てられるように旅を続ける紋次郎。
 愚痴もこぼさず、心を開く友達もいず、己の業務に邁進してきた、俺の親父の世代の「男」達は、この寡黙なヒーローに自分を重ね、静かなカタルシスを感じていたのである。 名手・笹沢佐保の小説作法を学ぶに最適な作品群である。蛇足ではあるが、私はあまりのうまさに、この第一作を、丸ごとノートに清書して、段落ごとに分析したことがある。作者は、紋次郎が「思った」とか「感じた」などと一切描写しない。しかし、彼のみた光景の描写だけで、紋次郎の怒りや絶望を読者に「しっかりと伝えて」くる。しかも、ストーリーがどんどん展開していくのにシンクロして、火山の噴火、荒れる海、と舞台背景も劇的に展開する。エンターテイメント小説を志す人は、絶対に読むべき作品群。面倒臭がりの俺が、まるまる模写してしまった作品は、あとにも先にもこの一編だけである。
木枯し紋次郎 (1)光文社文庫←アマゾンへGO!

(広告)

作者・栗林元は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編・栗林元

神様の立候補/ヒーローで行こう!・栗林元

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編・栗林元

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏・栗林元
[PR]
by hajime_kuri | 2004-02-18 06:57 | 時代 | Comments(0)