「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「大人の着メロはシンプルが一番」(テクノトロニカ)

電車の中や混雑の中で、突然、時ならぬ音楽が鳴り出すときがある。着メロだ。
この着メロで、携帯の持ち主の「痛い」部分が垣間見えてしまう場合がある。
年がいもなく若やいだ曲を鳴らしてしまった若い奴に媚びているようなハゲオヤジとか、自分の好きなアーティストの曲を着メロにして1コーラス聴いてから電話に出る「勝手パワープレイ野郎」とか、珍曲を鳴らして「どう、俺のセンス」とでも言いたげな愚か者とか。
音色が3とか6とかのチープな昔は、PCでMidiから作ったものである。俺も、「天国への階段」(ツェッペリン)とか「ジャンプ」(バンヘイレン)なんて市販の着メロには無かったものを作って入れていた。
しかし、着歌などのように音楽そのものになってくると、もう逆にシンプルが一番という気になってくる。で、最近の俺は、もう着信は「ベル」にしているのだ。
シンプルと言えば、昔のゲームのBGMみたいなFM音源の反復するリズムとかは着メロにぴったりなんだけどなあ、と思い、「ウルトラQ」のテーマを、打ち込んで入れたこともあったが、ついにこんなサービスを発見した。
ようやく本題だ。
テクノトロニカ



着メロと「親和性」の高いテクノ系音楽(そうだよ、テクノなんだよと、思わずひざを叩いた俺である)のケータイ専門サイトなのだ。
特に、ジャンル別の基本リズムパターンをループしたオリジナルの着信メロディなんてのは、「大人」のための着メロだと思うね。
さらに凝りたい人は、着信メロディのカスタマイズを可能にするiアプリ「SOUND CSTOMIZER」(iモードのみ)がオススメだ。メロディ/ベース/ドラムなど各楽器パートごとに、着信メロディの音色/音量/BPM/キーをエディットできる。
ここまでくると、もうDJだよ。
[PR]
by hajime_kuri | 2007-09-19 17:03