「読書記録」を中心に、読んだ本、見た映画の記録、書評、ブックガイド、その他日常の徒然ね。


by hajime_kuri

「妄想代理人」今敏



全13話構成で2004年2月2日からWOWOWにてスクランブル放送された。今敏監督の初めてのテレビアニメである。
休みを利用して一気に鑑賞した。一話完結形式だが、全部見ないと判らない仕組みなっている。本来なら長編アニメ向けだなと感じる作品。
癒しキャラクター「マロミ(犬がモチーフ)」をデザインした鷺月子は、ある夜、通り魔「少年バット」に襲われた。少年バットは次々と人々を襲い、市民を恐怖へと陥れていく(都市伝説化)。しかし、目撃者がいるにも関わらず、少年バットはなかなか捕まらない。刑事猪狩と馬庭は、やがて、被害者の持つ不思議な共通項に辿り着く。
今敏は人間の潜在意識、押し隠した欲望、そんな眼に見えない疲労感や恐怖感を視覚化する魔術師のような監督である。監督のこの表現への挑戦は2006年の「パプリカ」へと繋がっていく。
この2作品の音楽を担当している平沢進の音楽も素晴らしい。
監督の次の作品が待ち遠しい。
妄想代理人(1) [DVD]
映像のための音楽~平沢進サウンドトラックの世界
※作品のオープニングテーマ曲「夢の島思念公園」と「パプリカ」のテーマ曲「白虎野の娘」が収録されている。


(広告)

作者は小説を書いています。よろしければお読みください。(Kindle版です)

1988 獣の歌/他1編

神様の立候補/ヒーローで行こう!

盂蘭盆会●●●参り(うらぼんえふせじまいり)他2編

薔薇の刺青(タトゥー)/自転車の夏
[PR]
by hajime_kuri | 2009-04-27 10:16 | 映画